【インタビュー】伊藤淳史×仲村トオル 激白!『チーム・バチスタ』の黄金の日々

最新ニュース

伊藤淳史×仲村トオル『チーム・バチスタ FINAL ケルベロスの肖像』/PHOTO:Naoki Kurozu
  • 伊藤淳史×仲村トオル『チーム・バチスタ FINAL ケルベロスの肖像』/PHOTO:Naoki Kurozu
  • 伊藤淳史×仲村トオル『チーム・バチスタ FINAL ケルベロスの肖像』/PHOTO:Naoki Kurozu
  • 伊藤淳史×仲村トオル『チーム・バチスタ FINAL ケルベロスの肖像』/PHOTO:Naoki Kurozu
  • 伊藤淳史×仲村トオル『チーム・バチスタ FINAL ケルベロスの肖像』/PHOTO:Naoki Kurozu
  • 伊藤淳史×仲村トオル『チーム・バチスタ FINAL ケルベロスの肖像』/PHOTO:Naoki Kurozu
  • 伊藤淳史×仲村トオル『チーム・バチスタ FINAL ケルベロスの肖像』/PHOTO:Naoki Kurozu
  • 伊藤淳史×仲村トオル『チーム・バチスタ FINAL ケルベロスの肖像』/PHOTO:Naoki Kurozu
  • 伊藤淳史×仲村トオル『チーム・バチスタ FINAL ケルベロスの肖像』/PHOTO:Naoki Kurozu
身長差20センチ以上。日本のドラマ界きっての文字通りの凸凹コンビである。

伊藤淳史は言う。「シリーズを通して様々な事件が起こるし、いろんな人が出てくるけど、やっぱり核となるのはここ。田口先生と白鳥さんの関係性なんだなというのは、回を重ねるごとに強く感じるようになりました」。

「最初、白鳥にとってのグッチー(=田口)は使い走り以外の何物でもなかった(笑)」。仲村トオルは、シリーズ当初の関係性をそう語る。だがシリーズを重ね、6年の歳月を経て大きな変化を遂げた。「多くの患者や周囲の人間がグッチーの優秀さに助けられたけど、白鳥にとってもそれは同じ。白鳥にとっても田口先生は最良の主治医なんです」。

「チーム・バチスタの栄光」から4シーズンを重ねてきた人気シリーズがこのたび待望の劇場版『チーム・バチスタ FINAL ケルベロスの肖像』をもって完結を迎え、田口×白鳥コンビも見納めとなる。当事者2人に、ここまでの6年の歳月を田口×白鳥ばりの深~い観察力でもって分析・解説してもらった。

現役医師・海堂尊のベストセラー小説を原作に、“愚痴外来”とも揶揄される特別愁訴外来の気弱ながらも優しい医師・田口と傲岸不遜で“ロジカルモンスター”の異名を持つ厚労官僚の白鳥のコンビが様々な事件の真相を解き明かしてゆく本シリーズ。

6年前にシリーズが始まった時、伊藤さんは24歳。初期の思い出を尋ねると「手術」という本シリーズには欠かせない重要ワードを巡るエピソードを明かしてくれた。

「撮影に入る前の話し合いの場で、自分の滑舌に自信がなくて『手術』という言葉を『オペ』に代えてもらえませんか? ってお願いしたところからこのシリーズが始まったのを鮮明に覚えてます。僕としては、視聴者の方に毎回“手術”って言葉が出るたびに引っ掛かりを感じてほしくなかったんですが…何で最初にそんなこと言っちゃったのかな(苦笑)。とにかく原作がすごい作品なので、喜びも大きかったですが、新たな人たちと新しいものを作る上で必要な緊張感に包まれていました」。

仲村さんが「思い出しました」と言って明かしてくれたのは、最初に撮影に臨んだシーン。白鳥は川に落ちそうになった書類を掴もうとして橋から落ちて病院に運ばれたことになっているが「まさに橋から落っこちる回想のシーンから始まった」と懐かしそうに目を細める。

「いま思うと、そこで初めて台本にない(アドリブの)セリフを言ったんですよ。救急車に乗せられる担架の上で、その部下に『アホ!』って(笑)。後で愚痴外来で田口に話すときに『グズでアホな部下が…』って台詞があるのは分かっていたんですけど」。

多彩なアドリブ、現場でキャスト陣がスタッフと話し合いながら作り上げていくというのは「チーム・バチスタ」シリーズの現場の大きな特徴とも言えるが、その土壌は第1シーズンの頃から既に存在した。仲村さんがふり返る。

「2話目あたりかな? 白鳥が『(別の医師から)ひとの気持ちを考えろ!』と言われるシーンがあるんですが、そこで、白鳥に『(田口に)この人いま、僕の気持ち考えてないよ』って言わせたくなって、監督に言ってもいいか聞いたんです。そしたらあっさりと『いいですよ』と。そこで『あぁ、この現場はそういうのアリなんだな』と嬉しくなって、だんだん増えていきました(笑)。伊藤くんもスタッフの大半も初めてご一緒する人ばかりで、最初は探り探り、恐る恐る『白鳥をやらせていただきますね。始めてよろしいでしょうか?』という感じだったんだけどね(笑)」。

傲岸で傍若無人の白鳥を「恐る恐る」演じるというのが何とも面白い。先述のシーンと同様に、田口と白鳥の掛け合いに関しても、初期の段階で仲村さんは“手応え”と呼べるものを手にしていたという。

「これも第2話目で、白鳥が“アクティブ・フェーズ(※白鳥が駆使する、相手の本音を引き出すためのコミュニケーション術)”として、彼女のいないグッチーを攻めたてる。『だからグッチーは何十年も彼女いないんだよ!』(白鳥)、『1年半ぐらいですよ!!』(田口)、『はい、ホントのこと言っちゃった~』(白鳥)というのをやった時、このリズムだなというのは何となく感じましたね。当時はまだそれをはっきり自覚はしてなかったけど、伊藤くんとのコンビネーションはこういう感じだなって、掴んでいたんでしょうね」。

人を人とも思わぬ白鳥が“輝く”のは、その非道ぶりを受け止める田口の存在があってこそ。伊藤さんも「田口先生は素直な役柄で、決して難しさは感じなかった」と語る一方で冒頭でも語っていたように2人の関係性には腐心した。

「やっぱり台本で読んでも2人の関係ってすごく面白いんですよ。『ジェネラル・ルージュの凱旋』でも、そのへんの魅力が脚本に余すところなく落し込まれていて、『ここが一番大事なんだ』と改めて感じました。成長もするし、互いを認め合ってレベルアップもするんだけど、一方で最初の頃からの『僕のことバカにしてるんですか?』という感じもすごく大切なんです。(先日放送が終了したドラマ第4シーズンの)『螺鈿迷宮』でも、終末医療という決して軽くないテーマを扱っているからこそ、それを邪魔せずに2人で面白いことやらなくちゃいけないという思いは強かったですね」。

そして、満を持しての今回の完結編となる劇場版。最も印象深いシーンとして2人は奇しくも同じ場所を挙げる。それは西島秀俊演じる“ジェネラル・ルージュ”こと速水が君臨し、チームが一体となって救命にあたる東城医大のICU(救命救急センター)。伊藤さんはこのセットに“戻った”瞬間をこう振り返る。

「正直、全く変わらないんですよ。2010年の『ジェネラル・ルージュ』の時と全く同じ気持ちで『うわっ』って思いました。西島さんや戸次(重幸)さんがいて…あれから3年くらい経ってるけど、この人たちはずっとここで患者と向き合ってたんだろうなと。懐かしさもあったけど、それ以上に居心地がいいというか、良い意味で久しぶりという感じがしなかったですね」。

仲村さんも伊藤さんの言葉に深くうなづく。

「『懐かしいね』なんて言いながらセットに入ったけど、西島くんたちを見た瞬間に『あぁ、彼らは3年間、ここにいたんだ』って思えた。うまく言えないけど、3年経って、その間にそれぞれが別の作品で活躍してるのを目の当たりにしてたし、僕自身も違う作品に出ていたけど、でも自分の中にしっかりとこの空間、物語があって、同じ時間が流れていたんだということ――驚きに近いようなその感覚を自分の中で発見しました。そのとき、今回の現場での自分の役割も見つけることができた気がします。それは例えるなら謝恩会の幹事みたいなものかな(笑)? みんなを迎えるというか『西島くん、戻って来てくれてありがとう』『(松坂)桃李、成長したな!』『桐谷(美玲)さん、ようこそ』って(笑)」。

白鳥圭輔という希代のキャラクターに関しても、仲村さんは6年越しに「掴んだ」「つながった」と感じた瞬間があったという。

「最初のシリーズで白鳥が、亡くなった患者の遺族に土下座して『解剖させてください』と頼み込むシーンがありました。今回、白鳥を演じていて、彼がずっと同じ思いを抱き続けてたんだということに気づいたんです。家族を亡くした遺族の前で『家族を亡くしたのはあなただけじゃないです。真相を知るために解剖させてください』と頼み込み、医師に対しても『苦い思いを抱いてるのはあんただけじゃない』と言い、過去を背負った犯人にも『お前だけが被害者だと思うな』と言う。彼は『あんただけじゃない』って言い続けてきたんだなということに気づいて、最初の『バチスタ』の土下座のシーンを思い出しました。6年前のあの時、僕は込み上げてくるものがあって『でも白鳥はここで泣かないだろう』と思った。同時に『でも、土下座してでも真相を知ろうとする男ではあるよな』とも思ったんです。その気持ちが6年越しに繋がった気がしましたね」。

最後にそれぞれ演じてきた田口、白鳥にひと言、声をかけるなら? と尋ねると、仲村さんは「これからも頑張って――本当にそれだけです。彼の根っこにあるのは役人としてやらなくてはという思いや、この国を少しでもよくしようという思い。これからもその調子で頑張ってほしい」と静かに微笑む。

伊藤さんは?

「田口先生は僕なんかが何かアドバイスしたりできる人間じゃないんです。だからこれからも患者のために頑張ってということ。まあ、彼が行くとこは必ず事件が起こるので『次は何も起こらないことを祈ってます』と(笑)」。
《photo / text:Naoki Kurozu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top