『アナと雪の女王』、『トイ・ストーリー』超えた! 全世界興収“アニメーション映画歴代No.1”に

最新ニュース

『アナと雪の女王』-(c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』-(c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』ポスター/(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』-(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 妹・アナ(左)と姉・エルサ(右)/『アナと雪の女王』-(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』-(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
日本でも大ヒット中のディズニーのミュージカル映画『アナと雪の女王』。公開以来、3週連続週末興行成績No.1を記録し、これまで『トイ・ストーリー3』が保持していた全世界興収の“アニメーション映画歴代No.1”の記録を抜いたことが明らかとなった。

触れるもの全てを凍てつかせる“秘密の力”を制御できず国を去ってしまった王女・エルサ。妹のアナは、姉と王国を救うため、山男のクリストフとその相棒・トナカイのスヴェン、“夏に憧れる雪だるま”のオラフと共に雪山の奥深くへと旅に出るのだが…。

第86回アカデミー賞にてW受賞を果たし、主題歌「Let it Go」を始め使用される楽曲が世界中で大きな注目を集めている本作。3週目を迎えるもその勢いは収まることなく、3月29日(土)・30(日)の週末興行成績は879,294,850円、観客動員数は690,815人で興収前週比101%アップの3週連続ナンバー1を達成!

これを受けて、公開17日間で50億を突破! 観客動員数の400万人突破は『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』、『アリス・イン・ワンダーランド』の実写作品と肩を並べるハイペースの記録となっており、100億円台突破も射程圏内だ。

さらにこの日本の大ヒットを受けて、全世界興収で1,072,402,000ドル(※109,385,004,000円/1ドル102円換算)を突破し、『トイ・ストーリー3』、『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』を押しのけ、全世界興収でトップ10入りを果たし、晴れて“アニメーション映画歴代No.1”となった。この後、どこまでランキングを伸ばすかが期待される。

【全世界歴代興行収入記録】
◆1位 :『アバター』/27億8,230万ドル
◆2位 :『タイタニック』/21億8,540万ドル
◆3位 :『アベンジャーズ』/15億1,180万ドル
◆4位 :『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』/13億4,150万ドル
◆5位 :『アイアンマン3』/12億1,540万ドル
◆6位 :『トランスフォーマー/ダークサイドムーン』/11億2,370万ドル
◆7位 :『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』/11億1,990万ドル
◆8位 :『007 スカイフォール』/11億0,860万ドル
◆9位 :『ダークナイト ライジング』/10億8,440万ドル
◆10位:『アナと雪の女王』/10億7,240万ドル
◆11位:『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』/10億6,620万ドル
◆12位:『トイ・ストーリー3』/10億6,320万ドル
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top