【特別映像】あの“大物芸人”が呪われた瞬間を公開!『パラノーマル・アクティビティ』最新作

最新ニュース

『パラノーマル・アクティビティ/呪いの印』 -(C)PARAMOUNT PICTURES 2013. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『パラノーマル・アクティビティ/呪いの印』 -(C)PARAMOUNT PICTURES 2013. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『パラノーマル・アクティビティ/呪いの印』 -(C)PARAMOUNT PICTURES 2013. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『パラノーマル・アクティビティ/呪いの印』 -(C)PARAMOUNT PICTURES 2013. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『パラノーマル・アクティビティ/呪いの印』 -(C)PARAMOUNT PICTURES 2013. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『パラノーマル・アクティビティ/呪いの印』 -(C)PARAMOUNT PICTURES 2013. ALL RIGHTS RESERVED.
2010年に公開されて以来、全世界で累計7億ドルを超える大ヒットとなり、日本でも女子中高生を中心に早くも注目を集めている、 “超常現象”シリーズ『パラノーマル・アクティビティ』。このほど、その最新作『パラノーマル・アクティビティ/呪いの印』から、国民的な知名度を誇るあの“大物芸人”が呪われた瞬間を捉えた戦慄の映像テープが発見された。

本作の舞台は、2012年6月、カリフォルニア州オックスナード。複数のティーンが怪死を遂げた事件現場から、1本の映像が発見された。そこに収められていたのは、平凡な青年ジェシーが撮影し続けた奇妙で恐ろしい超常現象の記録。18歳の誕生日を迎えたジェシーの左腕に突然浮かび上がったのは、歯型のような跡。それ以来、目から異様に長い髪の毛が出るなど、彼の身や周囲で怪現象が次々に起こり始める。そう、浮かび上がった謎の印は、 “呪われた印”だったのだ…。

今回発見されたテープにも、超常現象が奇妙な印として現れ、次第に大物芸人の身体を蝕み、観ている我々まで呪われてしまいそうな戦慄が走る恐ろしい映像が! テープを発見したスタッフは、あまりの恐ろしさに公開できないとこれまで封印していたが、本作の公開にあたり、“4月1日”限定で解禁されることとなった。

その人物とは…なんと村上ショージ! 18歳ならぬ58歳にして、腕に映画と同じ“呪われた印”が現れたのだ!

超常現象(パラノーマル・アクティビティ)が自らの体に起きた(?)村上さんは、「最近呪われたのはやはり急性肝炎ですかね。あれは完璧に呪われましたね」と、先日の緊急入院にふれ、真顔でコメント。

「あまり不摂生したとかほかの理由が見当たらないんですよ。ですから、あれは完璧に呪われたんじゃないかと思っているんです。うちの…親戚にね。嫌なおじさんがいるので、そのおじさんじゃないかと思うんですが。だいたい目星はついているんです」と胸の内を明かしている。

村上さんの体起こった“超常現象”…果たしてどんな呪いが彼を襲ったのだろうか!?



『パラノーマル・アクティビティ 呪いの印』は4月11日(金)よりシネマサンシャイン池袋、TOHOシネマズ日本橋ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top