上野樹里、復讐に燃える“アリス”を熱演! これまでにないダークヒロインに手応え

最新ニュース

上野樹里/TBSドラマ「アリスの棘」トークイベント
  • 上野樹里/TBSドラマ「アリスの棘」トークイベント
  • 上野樹里/TBSドラマ「アリスの棘」トークイベント
  • 上野樹里/TBSドラマ「アリスの棘」トークイベント
  • 上野樹里/TBSドラマ「アリスの棘」トークイベント
  • 上野樹里/TBSドラマ「アリスの棘」トークイベント
  • 上野樹里/TBSドラマ「アリスの棘」トークイベント
  • 上野樹里/TBSドラマ「アリスの棘」トークイベント
TBSの金曜ドラマ「アリスの棘」の第1話完成披露試写会が4月4日(金)に都内レストランにて開催され、主演の上野樹里が上映前のトークイベントに登壇した。

TBSが3年前から構想し、オリジナル脚本で制作した本作は大学病院を舞台にした痛快な復讐劇。かつて父を医療ミスが疑われる手術で亡くした主人公が女医となってその大学病院に乗り込み、真実を暴きながら復讐を果たしていく…。

タイトルにもあるように、本作は「不思議の国のアリス」をモチーフにしており、この日の会場となった東京・代官山の「リストランテASO」の店内の庭などを活用して「アリス」の世界観を再現。上野さんは役の衣裳の白衣姿で登壇した。

第1話の撮影が2日前まで行われており、今後も撮影が続くが、“水野明日美”という役を「ダークヒロイン」と語る上野さん。「いままで演じた役の中でも、感情や涙を押し殺し、ラストへと向かっていく理性的な役で、孤独な女性の繊細な心情をブレずに演じていきたい」と意気込みを口にする。

昨年は主演映画『陽だまりの彼女』がヒットを記録したが「ラブストーリーで柔らかく温かい雰囲気の作品で、今度は全く逆のサスペンスやスパイのようなものがやりたいと思っていたらこのお話をいただきました」と明かす。

「ドラマは1年に何本も作る忙しいものですが、2年も練っていたと聞き、最初にいただいた企画でもすでに最終話まで練られていて、難しいチャレンジになるだろうけど安心して参加できました」と充実した表情を見せた。

1話ごとに復讐すべきターゲットを定め、追い詰めていくという構成。「復讐劇と聞いて、『オラぁ!』って感じで衝動に駆られて復讐する、力の入った感じのイメージがあったんですが(笑)、この作品は不思議な柔らかさ、しなやかさがあります。相手を追い詰めるけど、力でではなく、気が付いたら崖っぷちに立たせているような怖さがあります」と独特の魅力を語る。

明日美についても「ポーカーフェイスですが、(ドラマを)見ている人には違和感や心の揺れが見えると思います」と彼女の変化や成長も大きな見どころと強調。「過去を暴けば暴くほど、真実が明らかになるほど、明日美も揺れていきます。『不思議の国のアリス』の世界に迷い込んだようで、彼女がこの世界でどう立ち向かっていくのか見ていただければ!」と呼びかけた。

「アリスの棘」は4月11日(金)22:00~TBSにて放送開始(初回は拡大版)。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top