misono、一般エキストラ役で応募…剛力彩芽×山崎賢人『L・DK』に出演決定

最新ニュース

misono出演シーン/『L・DK』-(C) 2014「L・DK」製作委員会
  • misono出演シーン/『L・DK』-(C) 2014「L・DK」製作委員会
  • misono出演シーン/『L・DK』-(C) 2014「L・DK」製作委員会
  • 『L・DK』-(C) 2014「L・DK」製作委員会
  • 『L・DK』-(C) 2014「L・DK」製作委員会
  • 『L・DK』-(C) 2014「L・DK」製作委員会
  • 『L・DK』-(C) 2014「L・DK」製作委員会
  • 『L・DK』-(C) 2014「L・DK」製作委員会
  • 『L・DK』-(C) 2014「L・DK」製作委員会
女子中高生に人気の作家・渡辺あゆが描く少女漫画を剛力彩芽と山崎賢人を主演に迎え映画化した『L・DK』。恋に奥手な女子高生と学校一のツンデレモテ男との、秘密の同居生活を絶妙な距離感で描く本作に、タレントであり歌手のmisonoが出演していることが明らかとなった。

「L・DK」とは“ラブ同居”の略。ボヤ騒ぎを起こしたことをきっかけに、学校一のイケメン・久我山柊聖(山崎さん)と同居することになった女子高生・西森葵(剛力さん)。同居という2人だけのヒミツを守ろうと必死な葵とは反対に、柊聖はあくまでマイペース。しかも、柊聖は、葵の親友・萌の好きな人だった…。

最近では歌手活動のみならず、自身のライヴのプロデュース、有名ファッションブランドやキティちゃんとのコラボグッズの制作、そして女優として映画や舞台に出演するなど、多岐にわたって活動しているmisonoさん。

この超王道ラブストーリーの原作が大ファンだというmisonoさんは、なんと映画への参加を熱望し、映画の公式HPで一般募集していたページを見て自ら応募!
 その役はお客さんや通行人として一般の方に無償で演じてもらうというエキストラ。その応募に驚いたプロデューサーが、misonoさんの作品への熱意に感銘を受け、改めて出演をオファーしたことで、正式に映画への出演が決定したのだ。

misonoさんは「原作の大ファンで、映画化されるという事で、エキストラを募集していたので、少しでも関われるなら、エキストラでもいいから! と、応募しました(笑)」「(出演シーンは)芸能人として、いつものmisonoっぽく! でしたし、剛力彩芽ちゃんとは、会えませんでしたが、大好きな漫画なので、映画館で観れるのが、楽しみです!」とコメント。

出演シーンは、福士誠治演じるプロカメラマンの草樹(そうじゅ)にCDジャケットを撮られている“misono”本人という設定。短いながらもmisonoさんらしい確かな存在感のある出演シーンに注目したい。

『L・DK』は4月12日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top