【予告編】狂犬・役所広司×小悪魔・小松菜奈×鬼才・中島哲也…“劇薬”映画『渇き。』解禁

最新ニュース

役所広司&小松菜奈/『渇き。』ポスター・ビジュアル -(C) 2014「渇き。」製作委員会
  • 役所広司&小松菜奈/『渇き。』ポスター・ビジュアル -(C) 2014「渇き。」製作委員会
  • 『渇き。』新人・小松菜奈
  • (上段)役所広司&中谷美紀/(下段)新星女優・小松菜奈/『渇き。』-(C) 2014「渇き。」製作委員会
  • 『渇き。』主演・役所広司 photo by KAZUTO SUETAKE
松たか子主演の『告白』で日本中の度肝を抜き、各賞を総ナメにした中島哲也監督の最新作『渇き。』から、ついに“初”映像となる予告編とポスタービジュアルが解禁。“劇薬”エンタテインメントと称される問題作の内容が明らかとなった。

元刑事のロクデナシ親父・藤島(役所広司)は、ある日、離婚した元妻から、成績優秀なうえ容姿端麗、学園のカリスマでもある女子高生の娘・加奈子(小松菜奈)が失踪したという知らせを受ける。藤島は、再び“家族”を取り戻すべく、姿を消した娘の行方を追うことに。だが、娘の交友関係をたどって行く先々で語られるのは、藤島も“知らない加奈子像”。やがて、戸惑いと疑い、混乱が肥大した藤島の激情は、果てしない暴走を始める…。

今回お披露目されたポスター・ビジュアルには、役所さん、そして中島監督自らがオーディションで心奪われたというモデル出身の新星女優・小松さんがこちらを見つめる姿と共に「愛する娘は、バケモノでした。」の文字が…。すでに“フツー”の親子の物語ではないことが伺えるが、今回あわせて解禁となった予告編では、まさに“劇薬”といえる刺激&インパクト大のストーリーの一端が次々と明かされていく。

冒頭で映し出される、小松さん演じる加奈子の無邪気な笑顔は、まさに天使のような美しさ。一方で自分のせいで全てを失った、役所さん演じる藤島は、失踪した娘の行方を追うために、さまざまな人物に話を聞いていく。だが、「成績優秀で人気者の娘」とは全く違う娘の姿を知れば知るほど、藤島の暴走は加速し“狂犬”と化していく。

さらに、軽薄な笑みを浮かべながら、藤島に密着する元部下で刑事の浅井(妻夫木聡)、浅井と同じ署に勤め、“家族”が何より大事という刑事・愛川(オダギリジョー)、加奈子の中学時代の優しい担任・東(中谷美紀)、加奈子の中学時代の悪友・遠藤(二階堂ふみ)、加奈子の失踪の原因を藤島に匂わし憤怒する高校の友人・松下(橋本愛)、加奈子の同級生のいじめられっ子・ボク(清水尋也)。この日本映画界を彩る豪華キャストたちもまた、藤島と共に加奈子に翻弄され、魅了され、本性を剥き出し暴走してしまうのか!?


また予告編からも分かるように、劇中歌には「でんぱ組.inc」の「でんでんぱっしょん」が使用されていることも発覚。前作『告白』ではいち早く「AKB48」の楽曲を登場させ、後にPVも手がけた中島監督だけに、「でんぱ組.inc」もここぞという盛り上げの起爆剤的要素で使用される可能性大。

ストーリー・キャスト・音楽…“劇薬”エンタテインメントここに極まれり! まずはこの映像からその世界観をチェックしてみて。

『渇き。』は6月27日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top