【インタビュー】杏 言いたいことを言う“黙ってない”ヒロイン…ドラマ「花咲舞が黙ってない」

最新ニュース

杏/ドラマ「花咲舞が黙ってない」 -(C) NTV
  • 杏/ドラマ「花咲舞が黙ってない」 -(C) NTV
昨年大ヒットしたドラマ「半沢直樹」の原作者として知られる池井戸潤さんの小説「不祥事」「銀行総務特例」をドラマ化した「花咲舞が黙ってない」が、日本テレビ系で4月16日(水)にスタートします。

この作品は、池井戸さんが唯一、女性を主人公にした物語。銀行を舞台に、事件や不祥事など支店で起こる様々な問題を解決に導くべく奔走する「臨店」の職務に若くして抜擢された主人公・花咲舞の活躍を描いています。

舞は、仕事はできるが地位も権力もないただの一行員。しかし、不正を見て見ぬふりはできない性格で、銀行内の上下関係や派閥、歪んだ企業倫理などモノともせず、持ち前の正義感で、弱い立場の人たちのためなら決してあきらめずに立ち上がる――そんな、“黙ってない”主人公を演じるのは、主演作であるNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」も記憶に新しい女優・杏さんです。

今回、銀行員という初めての役どころに挑戦することになった杏さんに、舞との共通点や役作り、ドラマのみどころ、女優としての目標など、たっぷりお話をうかがいました。


<池井戸潤さんが描くヒロイン像を演じるにあたって>

――原作、そして台本を読んだ感想を教えてください。

出演が決まって、まず原作の「不祥事」を読ませていただきました。花咲舞という女性はとても正義感が強くて、物言いが激しくて、行動力もある女性。こういう強い女性をどうやって演じようかと思っていたところ、続編の小説では彼女のパーソナルな部分がどんどん見えてきて。さらに今回のドラマの脚本では、とんがっていた部分が少し丸くなっていて、親しみのあるキャラクターに脚色をしてくださっていました。


――ドラマならではの花咲舞を、どのように演じたいですか?

もちろん、原作と同じく、はっきり物を言う真っすぐさ、ぶつかっていく強さは変わらずに。一方で、人として弱い部分やカッコ悪い部分もある舞を演じていきたいです。正しいことだけ言って打ち負かしていくのではなく、失敗して悔しい思いや恥ずかしい思いもしながら成長していく舞を演じるのはすごく面白そうですし、私も役と一緒に、精一杯チャレンジしてぶつかっていきたいです。


――池井戸潤さんの作品の印象はいかがですか?

池井戸さんご自身とは一度、お話させていただいたことがあります。やはりご自身も実際に組織の中で戦ってきたという経験がおありになるので、みなさん(読者)がどんなストーリーを求めているのか、どんな鬱憤を抱えているのかを正確に捉えて、リアルに描かれているんだな、と感じました。小説を読んでいる時はいつも、私は会社という組織に属したことがない人間なので「みんな、すごいな」と思うばかりでしたが、今回は、その池井戸さんの世界の中に役として入っていけるということで、ワクワクしています。


――杏さんがもし、会社員だったとしたら……。

もし私だったら舞のようにできるだろうか、と思ってしまうことばかりです。特に銀行は、一度コースから外れたらなかなか戻れないシステムなので、つい保身に走ってしまうようなこともあるかもしれません。舞のような強さが私にあるかどうかは、今は分かりません。とにかく、厳しい世界だなと思いました。


――そういった厳しい世界の中にいながらも勇敢に突き進む舞について、杏さんはどう思いますか?

舞の銀行は大手なので、やはり古い考えが残っていたり、男女の間で考え方や扱われ方の違いがあったりします。舞は、そんな場所で新しい風を吹かせる存在。でも、舞はたった一人で戦っているというよりは、人をまとめたり、誰とでも打ち解けたり、友達になりたくなるようなキャラクターでもあります。銀行の中には、舞に対して「ありがとう」と言ってくれる人たちがいる。なので私も、視聴者のみなさんも「言いたいことを言ってくれて気持ちいいな」と思ってくださるような舞を演じていきたいです。

■インタビューの続きはこちら(※テレビドガッチへ)
http://dogatch.jp/interview/601/02.html


【プロフィール】
1986年4月14日生まれ、東京都出身。15歳のころからファッションモデルとして活躍し、その後女優としての活動をスタートし、映画、ドラマで活躍。最近の出演ドラマは、「平清盛」、「幽かな彼女」、連続テレビ小説「ごちそうさん」など。映画は「プラチナデータ」、「真夏の方程式」、「劇場版 タイムスクープハンター」など多数に及ぶ。4月以降はNHKの人気シリーズ「タイムスクープハンター シーズン6」に出演、そして『花咲舞が黙ってない』で主人公・花咲舞を演じる。
《テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top