【インタビュー】東出昌大 快進撃の2年間をふり返る…驕らず、弛まず「自分を捨てて」

最新ニュース

東出昌大『クローズ EXPLODE』/PHOTO:Nahoko Suzuki
  • 東出昌大『クローズ EXPLODE』/PHOTO:Nahoko Suzuki
  • 東出昌大『クローズ EXPLODE』/PHOTO:Nahoko Suzuki
  • 東出昌大/『クローズEXPLODE』
  • 東出昌大『クローズ EXPLODE』/PHOTO:Nahoko Suzuki
  • 東出昌大『クローズ EXPLODE』/PHOTO:Nahoko Suzuki
  • 東出昌大『クローズ EXPLODE』/PHOTO:Nahoko Suzuki
  • 東出昌大『クローズ EXPLODE』/PHOTO:Nahoko Suzuki
  • 東出昌大&早乙女太一&柳楽優弥&永山絢斗&勝地涼&ELLY&岩田剛典&KENZOらが大暴れ!/『クローズEXPLODE』
分刻みのスケジュールで各媒体の取材に応える中、「1つのインタビューが始まるたびにお茶を出していただくんですけど、せっかく入れてくださったんだし、全部飲み終えなくちゃなって。なので、もうお腹が水分でパンパン(笑)」とお腹をさする東出昌大。

「僕、素直なんです」と本人は冗談のつもりで笑うが、冗談ではなく、素直にも程がある。そんなほっこりキャラ(?)で場を和ませる彼が、『クローズ』シリーズの新章、『クローズ EXPLODE』で主演を務めるという。

舞台は、『クローズZERO II』の1か月後、新年度を迎えて“頂上(てっぺん)”が不在になった鈴蘭高校。登場するのは喧嘩上等と意気込む不良たち。持ち前の柔和な魅力、それに伴うイメージとは一見かけ離れているように思えるが、かつての東出少年も原作コミックの作品世界に魅了されたひとりだったそうだ。

「どちらかと言えば、僕は(『クローズ』の続編にあたる)『WORST』を読んでた世代。カッコいいな、こいつら。強いっていいなって。男の子なら誰でも持ち得る気持ちみたいなものを感じながら読んでいました。高橋ヒロシ先生の世界観が大好きだったんです」。

ただし、その世界観をベースにした映画に主演するのは「また話が違ってきます(笑)」。オーディションを経て獲得した主人公・鏑木旋風雄を演じるにあたっては、「憧れだけでは役になれない。もちろん、プレッシャーもありました」と認める。

「プレッシャーなんて感じずにやろうとは思っていたんですけど、終わってふり返ってみると、やっぱりあったなって。でも、考えても仕方がないという言い方は間違ってるかもしれないけど、だんだんプレッシャーに対応できるようになってきている気はします。『桐島、部活やめるってよ』のときも感じたし、『ごちそうさん』のときも感じたし、それに上手く付き合っていきたいなって」。

監督の豊田利晃からは「映画なんて人の生き死にに関わるものじゃないんだから、軽い気持ちでやればいいよ」と言われたそうだが、「でも、そう言う監督の目は全然笑ってなくて(笑)」と述懐。「きっと、この人は生き死にでやってるんだろうなって思いましたね。監督の今までの作品を観ても、それが分かる。現場でもその気迫たるや凄まじく、カッコいいなと思いつつ、絶対にしがみついていこうという気持ちでした」。

「東出昌大を一切捨てて、旋風雄になることを豊田監督は求めていらっしゃいました」という言葉にも納得。作品の中には、眼光鋭く、世を拗ねた高校生がいる。「将来に対する不安やふと感じる寂しさ、何もしていないときの憤り。そういった思春期特有の感情を投影させた部分はありますけど、基本的に自分は捨てて。ただ、マイペースで、ちょっと抜けてる性格は似てなくもないのかなあって、後になってから気づきました(笑)」。

そんな旋風雄が鈴蘭高校に転入してくるところから物語は始まるが、身体も大きく、喧嘩に強い彼を同級生たちは放っておかない。だが、当の旋風雄は“頂上”を巡る争いに無関心。周りから求められる自分と、こうありたい自分がせめぎ合う。ただし、“こうありたい自分”が彼の本心なのかも微妙なところ。「要は旋風雄ってウジウジしていて、本気で人と向き合う、暴力と向き合うということをしないんです」と東出さん自ら鋭く斬る。

「自分にはそれしかないのに。挑戦するのが怖いんですよね。でも、本当の願望に対してウジウジしてしまうのは、誰にでもあること。そこは共感できるところでした。ただ、僕は彼ほどウジウジはしないかな…。少なくとも今の自分は。負けず嫌いだし、オーディションだっていつも受かりたいと思って受けに行くし。なので、僕からしたら『若いんだし、思うことにちゃんと向き合って思う存分やりなさい!』って思うんですけどね」。

その力強いアドバイスは、「みんなが負けず嫌いで、みんながライバルでした」という撮影現場を経験してこそのものでもあるよう。「譲れないところは譲れない」。そんな思いが、怒涛の乱闘シーンにも表れている。

「本当に人を殴るわけじゃないから、お芝居に嘘ができるわけじゃないですか。そんな中、豊田監督は『本当に殴っちゃっていいから』ってぼそっと言っていなくなるんです(笑)。かと言って、本当に殴っちゃうと撮影が続かなくなる。要するに、豊田監督の求める“生(なま)”にどれだけ近づけるか、嘘をなくすことができるか、なんですよね。もちろん、うっかりパンチが入っちゃうこともあるし。みんな攻めたところでやっていました」。

東出さんが原作に魅了されたように、映画の中で闘う男たちの姿にときめく女性も多いはず。「女性かあ…」と呟きつつ、おすすめのポイントを挙げてくれた。

「正々堂々と戦っている連中だってところかな。卑怯な人も出てきますけど、卑怯な人は卑怯な人として描かれている。上辺だけでなく、根っこからカッコよくなろうとしている男たちを見て、古き良きものを感じてほしいです。でも、ちょっとくらいは女性のキャラクターと絡みたくなかったか? 無理ですよ! ただでさえウジウジしてるのに、これで女性の問題まで抱えたら、旋風雄はきっとワケが分かんなくなっちゃいます(笑)」。

「ごちそうさん」が好評のうちに幕を閉じたのが3月。初の主演映画となる本作の公開が4月。東出さんの快進撃は今後も続いていく。

「新しいことをし続けるのがこの仕事だし、いい意味でも悪い意味でも不安定。そんな中、与えられた仕事をきっちりとやり、人様の前でもしっかりしていなきゃなって。それはモデルの頃と一緒で、“オレ、雑誌に出たんだ”なんて自信満々になる人はすぐに足元をすくわれていました。現状を客観的にとらえずに、ここでもし僕に驕りが生まれて“うん! 食っていけそうだ!”なんて思い上がったら、たぶん一気に仕事はなくなるはず。だから芝居の上でも、もっともっとしっかりしないと。でも、今は焦りもあります。まだ始めて2年なのに恵まれているからこそ、実力が伴っていないと判断されたときはガッと落ちるだろうし。その危機感と上手く付き合っていくことも、今の僕には必要だなって思います」。
《text:Hikaru Watanabe/photo:Nahoko Suzuki》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top