ファレル・ウィリアムス、ヒット曲「ハッピー」の成功に感涙

最新ニュース

ファレル・ウィリアムス-(C) Getty Images
  • ファレル・ウィリアムス-(C) Getty Images
  • ファレル・ウィリアムス-(C) Getty Images
  • ファレル・ウィリアムス
  • ファレル・ウィリアムス-(C) Getty Images
ファレル・ウィリアムスがオプラ・ウィンフリーからのインタビュー中に自身の成功を目の当たりにし、涙した。ファレルは、「オプラ・プライム」の司会であるオプラから、世界中の人がファレルのヒット曲「ハッピー」をカバーしている映像を集めた作品を見せられた際に感動し、同曲がここまで人気となっていることが信じられなかったようだ。

オプラが「分かるでしょ、ただあなたの祖母のことを思っていただけなのよ。でも、おばあちゃんもこんなことになるなんて想像もできなかったでしょうけど」と言うと、ファレルは涙を流し、「オプラなんかが言ったことで、俺はなんで泣いているんだ?」と冗談交じりに言い、オプラは「自分自身を越えた素晴らしい何かに使われてきたからよね。分かってるわよ」と返した。ファレルは涙交じりで「自分がやっていることが大好きって感じだから、本当に圧倒されちゃうよ。みんなが自分のことをこんなに長い間、信じてきてくれているという事実に感謝しているし、それがあるからこそ、俺はこんな風に感じることができるところまでやってこれたんだ」と続けた。

また、ファレルは同曲のリリース前にはラジオでの放送にこぎつけるのが難しかったため、その成功を特に喜んでいたようだ。「ラジオ局はどこも流してくれなかったんだ。ただ、分かっていることは、11月21日(現地時間)に映像を公開したら、それから急に人気に火がついたってことだよ。つまり、人気に火がついたって言ったけど、『人気に火がついたぁぁぁぁー』ってことだよ」「だから、俺らは何が起こったんだ? って感じだったよ。それからみんな、それぞれが歌っている映像をアップし始めたんだ。もはや、俺の曲ではないみたいだったよ」。

オプラはショーの後、この「誠実で謙虚な」インタビューを通してファレルが「お気に入り」のインタビューの相手のひとりになったとツイッターで明かし、ファレルはそれに対し「スペシャルな君からそんなこと言われるなんて、どれだけの意味があるか分からないよ。嬉しいよ」とコメントした。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top