【予告編】ミラ・クニス&リーアム・ニーソンら共演 心がザワつく愛の群像劇…『サード・パーソン』

最新ニュース

『サード・パーソン』-(C) Corsan 2013 all rights reserved
  • 『サード・パーソン』-(C) Corsan 2013 all rights reserved
  • ミラ・クニス/『サード・パーソン』-(C) Corsan 2013 all rights reserved
  • ジェームズ・フランコ/『サード・パーソン』-(C) Corsan 2013 all rights reserved
  • ミラ・クニス/『サード・パーソン』-(C) Corsan 2013 all rights reserved
  • ミラ・クニス/『サード・パーソン』-(C) Corsan 2013 all rights reserved
  • 『サード・パーソン』-(C) Corsan 2013 all rights reserved
  • 『サード・パーソン』-(C) Corsan 2013 all rights reserved
『クラッシュ』でオスカーを獲得したポール・ハギス監督の最新作『サード・パーソン』から、リーアム・ニーソン、エイドリアン・ブロディ、ミラ・クニス、ジェームズ・フランコら豪華キャストが勢揃いした予告編が到着。観る者の心をザワつかせる、愛のミステリー群像劇が明らかになってきた。

パリ――最新小説を書き終えるため、ホテルのスイートルームにこもって仕事をしているピューリッツァー賞受賞作家のマイケル(リーアム・ニーソン)。妻・エイレンとは別居中で、野心的な作家志望のアンナ(オリヴィア・ワイルド)と不倫関係にある。

ローマ――アメリカ人ビジネスマンのスコット(エイドリアン・ブロディ)は、あるバーで美しくエキゾチックな女性に一瞬にして目を奪われる。彼女は、密輸業者に娘を誘拐されたと語る、他人を信じることができない女(モラン・アティアス)だった。

ニューヨーク――昼メロに出演していた元女優のジュリア(ミラ・クニス)は、6歳の息子をめぐってアーティストであるリック(ジェームズ・フランコ)と親権争いの真っ最中。経済的支援をカットされ、膨大な裁判費用を抱えたジュリアは、かつては頻繁に泊まっていた高級ホテルでメイドとして働き始める。弁護士からは、裁判所の心証を変えるため精神科医の鑑定を進められていたが…。

予告編映像では、“人は人を愛し、疑い、信頼し、裏切る”という言葉と情緒的な音楽と共に、3つの都市の3組の男女が登場し、彼らの愛し合う姿だけでなく、憎しみ合い、哀しみ、苦しむ、さまざまな表情が映し出されていく。



3組の男女を演じるのは『96時間/リベンジ』のリーアム・ニーソン、『テッド』のミラ・クニス、『ラヴレース』のジェームズ・フランコ、さらに『グランド・ブダベスト・ホテル』の公開も控えるエイドリアン・ブロディ、アカデミー賞「脚本賞」の『her/世界にひとつの彼女』に出演するオリヴィア・ワイルドら、豪華なキャストたち。

愛のきらめきは一瞬だけのものなのか、再び分かり合えるときは来るのか。映像が問いかける、彼らがぶつかり合いながら追い求める “本当に大切なもの”を読み解いてみて。

『サード・パーソン』は6月よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top