“ハンス王子”津田英佑の「そういうの、大好きだ!」とMay J.の熱唱に500名が熱狂!

最新ニュース

May.J.(主題歌担当)&津田英佑(ハンス王子役)/“みんなで歌おう!『アナと雪の女王』”イベント
  • May.J.(主題歌担当)&津田英佑(ハンス王子役)/“みんなで歌おう!『アナと雪の女王』”イベント
  • May.J.(主題歌担当)/“みんなで歌おう!『アナと雪の女王』”イベント
  • 津田英佑(ハンス王子役)/“みんなで歌おう!『アナと雪の女王』”イベント
  • May.J.(主題歌担当)/“みんなで歌おう!『アナと雪の女王』”イベント
  • 津田英佑(ハンス王子役)/“みんなで歌おう!『アナと雪の女王』”イベント
  • May.J.(主題歌担当)/“みんなで歌おう!『アナと雪の女王』”イベント
興行収入100億円突破を目前に控えた『アナと雪の女王』が、日本国内の多くの観客の要望を受け、アメリカでも好評を博した劇場で映画を見ながら観客が一緒に歌うことができる歌詞付きバージョンでも公開されることが決定!

これを記念し4月17日(木)、全国から集まった本作のファン500人と日本語吹替え版のハンス王子役の声を担当した津田英佑、日本版の主題歌を歌うMay J.による“みんなで歌おう!『アナと雪の女王』”イベントが都内で開催され、会場全体がひとつになって「Let it Go」など劇中の名曲を歌い上げた。

アメリカで「シング・アロング」版として観客がみんなで歌う形式の上映が行われ、好評を博したが、日本でもサントラが好調な売れ行きを誇るなど、劇中歌の人気も高く「一緒に歌いたい」という観客の声が多く寄せられた。これを受け、4月26日(土)よりゴールデンウィークの特別企画上映として、歌詞がスクリーンに映し出される「みんなで歌おう!」バージョンが公開されることになった。

この日は、5,000人もの応募者の中から選ばれた500名の本作のファンが来場。劇中の好きなキャラクターのコスプレで来場するファンの姿も見られた。福岡、沖縄など遠方から来場したファンもおり、中には既に6回も劇場で鑑賞したという熱烈なファンも! 最初に「Let It Go ~ありのままで」(日本語版)、続いて「生まれて初めて」(日本語版)を500名の観客が情感を込めて会場全体で歌った。

続いて、サプライズでハンス王子役の津田さんが登場。ハンス王子がヒロインの「おかしなこと言ってもいい?」というセリフに、「そういうの大好きだ!」と返す名ゼリフを生で再現し、津田さんが登場すると会場は歓声に包まれた。

津田さんは、劇中でハンス王子が見せるロボットダンスまで披露しながら観客と共に「とびら開けて」を熱唱。最後の「僕と結婚してくれ!」というプロポーズのセリフもキッチリと決めた。歌い終えると、感激のあまり泣き出す観客の姿も見られたが、津田さんは「僕の方が泣きたいくらいです。毎日やってもいい? たまらないです。そういうの大好きだ!」と語り、会場は笑いと拍手に包まれた。

そして、May J.さんがさらなるサプライズゲストで登場すると、会場の熱気は最高潮に! 日本語によるエンドソング「Let It Go」そして、津田さん、観客も加わって英語バージョンの「Let It Go」を力強く歌い上げた。

May J.さんは「映画館にも見に行ったんですが、一緒に歌いたくてムズムズしていたので夢が叶いました!」と満面の笑み。歌い終えると会場を見渡し「たくさんのエルサがいました!」と微笑み、「私は生まれたときからディズニー映画が大好きで、ディズニー映画から夢や希望を受け取って、いつか主題歌を歌いたいと思ってました。だから今回、夢が叶って本当に嬉しかったです」と改めて感激を口にした。

4月26日(土)からの「みんなで歌おう!」上映を前に、日本では珍しい試みということで津田さんは「恥ずかしくなったらいつでも僕を呼んで! 何でいままでこういう催しがなかったのか? ホントに楽しい!」と最後までノリノリだった。

『アナと雪の女王』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top