高畑勲監督が仏・アヌシー国際アニメーション映画祭で名誉賞 オープニングに「かぐや姫の物語」

最新ニュース

高畑勲監督
  • 高畑勲監督
  • アヌシー国際アニメーション映画祭
  • アヌシー国際アニメーション映画祭
毎年、フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭(The Annecy International Animation Film Festival)が、2014年に日本の名匠・高畑勲監督をゲストに招く。これは高畑監督が、2014年の映画祭の名誉賞(Honorary Award)を受賞したことを讃えるためだ。
また、高畑監督の最新長編作品『かぐや姫の物語』が、映画祭のオープンング作品となることも決定した。高畑監督が、映画祭で大きな注目を浴びることになりそうだ。

アヌシー国際アニメーション映画祭は、1960年にカンヌ映画祭のアニメーション部門が独立するかたちでスタートした。その後、コンペティション部門や上映プログラムの拡大、国際見本市やコンファレンスの併設とその規模を大きくしている。
現在は最も歴史が長く、その規模や質からも世界で最も重要なアニメーション映画祭となっている。高畑監督は過去に『平成狸合戦ぽんぽこ』で受賞経験もある。加えて、今回の名誉賞の受賞は、フランス、そして世界のアニメーションの世界において、高畑監督の評価の高さを示したかたちだ。

高畑勲監督は、1935年生まれ。学生の頃からジャック・プレヴェールやポール・グリモーの作品を愛し、アニメーションの世界に進んだ。1959年に東映動画(現・東映アニメーション)に入社、そこで知り合った宮崎駿監督と知り合い、伴にスタジオジブリを設立する。
『パンダコパンダ』、劇場版『じゃりン子チエ』、『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』、『ホーホケキョ となりの山田くん』などの代表作がある。また、プロデューサーとしても仕事をしており、『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』などを手がけた。

『かぐや姫の物語』は、国内では2013年秋に全国公開された。日本のアニメーション、絵の表現のあらゆる手法を独自の方法で解釈し、新たな表現を実現した。78歳で創り出した野心作だ。海外でどのように評価されるのか気になるところだが、アヌシーがその第1歩となる。
アヌシーでの上映は6月9日月曜日、高畑監督も姿を見せる予定だ。また、6月25日からフランス公開も決まっており、話題づくりにも一役買いそうだ。

アヌシー国際アニメーション映画祭(The Annecy International Animation Film Festival)
http://www.annecy.org/
《animeanime》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top