【インタビュー】“新星フレンチロリータ”に訊く10のコト…問題作『ヴィオレッタ』

最新ニュース

アナマリア・ヴァルトロメイ『ヴィオレッタ』/Photo:Takuma Suda
  • アナマリア・ヴァルトロメイ『ヴィオレッタ』/Photo:Takuma Suda
  • アナマリア・ヴァルトロメイ『ヴィオレッタ』/Photo:Takuma Suda
  • アナマリア・バルトロメイ/『ヴィオレッタ』 -(C) Les Productions Bagheera, France 2 Cinema, Love Streams agnes b. productions
  • アナマリア・ヴァルトロメイ&エヴァ・イオネスコ(監督)/映画『ヴィオレッタ』/Photo:Takuma Suda
  • アナマリア・バルトロメイ/『ヴィオレッタ』 -(C) Les Productions Bagheera, France 2 Cinema, Love Streams agnes b. productions
  • アナマリア・ヴァルトロメイ『ヴィオレッタ』/Photo:Takuma Suda
  • アナマリア・バルトロメイ/『ヴィオレッタ』 -(C) Les Productions Bagheera, France 2 Cinema, Love Streams agnes b. productions
  • アナマリア・バルトロメイ/『ヴィオレッタ』 -(C) Les Productions Bagheera, France 2 Cinema, Love Streams agnes b. productions
1977年に母親が実の娘のヌードを撮るという反道徳的なテーマで、フランスのみならずヨーロッパや日本でも大きな議論を呼んだ写真集「エヴァ」(現題)。11歳で「PLAYBOY」誌のモデルとなったその伝説の少女(エヴァ・イオネスコ)は、34年の時を経て“被写体”から“監督”となり、その自らの壮絶な体験を映画『ヴィオレッタ』(公開:5月10日)として蘇らせた。

本作が注目を集め始めたのは、遡ること2年以上前…2011年度のカンヌ国際映画祭で「批評家週間50周年記念作品」として上映されると、そのセンセーショナルな作風から現場は騒然となり、そして絶賛を受け、一気に話題となった。

そんな問題作を携えて先週、エヴァ・イオネスコ監督と主演を務める“新星フレンチロリータ”として注目をあつめる絶世の美少女アナマリア・ヴァルトロメイが来日! シネマカフェはアナマリアに取材を敢行。4月初旬に15歳になったばかりという、10個の質問を投げかけてみた。


<アナマリア・ヴァルトロメイに訊く、10のコト>

【1】――『ヴィオレッタ』の出演が決まったきっかけは?

映画での経験は本当に未経験だったんですけど、もともと学校の演劇部に所属していて、たまたまお父さんが舞台で活躍する女優さんとお仕事で一緒になったときに、「実は私の娘は演劇部に所属しているんだ」と何気なくいったひと言で、その女優さんからこの作品で主演女優を応募していることを知らされたの。応募内容を確認した段階では、ストーリーも全然分からなくて、エヴァ・イオネスコが監督するということだけ知っていたわ。


【2】――監督からどんな演出を受けましたか?

3か月の準備期間のあと、撮影に入ったのだけれど、監督はとても自由に演技させてくれたわ。もちろんセリフはあったけれど、そのセリフの言い方、表現方法は私のアドリブに任せてくれたからとてもやりやすかった。(本作は)監督と私で作り上げたという感じがします。


【3】――本作のヒロイン・ヴィオレッタとの共通点は?
私はルーマニア出身で6歳のときから家族でフランスに移住したんだけれど、6歳までは両親がフランスに仕事を探しに行ったりしていたので、おばあちゃんに育てられた。だから”ヴィオレッタ”との唯一の共通点はそうやって両親よりおばあちゃんと過ごす時間が多かった小さいころがあるのと、おばんちゃんのこと大好きで大切に思う気持ちだと思う。

【4】――本作では母役を演じたイザベル・ユペールを始めドニ・ラヴァンらフランスを代表する俳優と共演していますが、プレッシャーはありましたか?

全然プレッシャーは感じなかったわ。彼らがとてもすごい俳優だって前から知っていたけれど、彼らは私を新人だからといってプレッシャーをかけるようなことは絶対にしなかった(笑)。むしろ、とても助けられたわ。


【5】――初めてカンヌ(※2011年度カンヌ国際映画祭)でレッドカーペットを歩いたときの感想は?

カンヌは忘れられない思い出になっていて、私としてもひとつの冒険だったの。この映画のテーマはとてもデリケートだったから、まさかカンヌに行くとは思っていなかったの。批評も「良い」「悪い」で分かれると思ったけど、意外とフランスのマスコミには好意的な批評が多かったわ(笑)。


【6】――映画に出演したことで、生活に変化はありましたか? 学業とのバランスは?

生活は変わりましたが、映画に出演したかったので、映画を撮るためにルーマニアから離れるくらいは平気(笑)。いまの所、こうして映画を撮りながら学校は行けているのでこのまましばらくは続けていけたらいいなぁ。撮影で長く学校を離れるときは、通信教育を受けているし、映画のために学校を辞めることは考えていないかな。


【7】――女優とモデル、両方をしていますが将来はどちらを中心に?

女優として仕事をしていても、写真を撮られることはあるし、モデルの方も少し続けたいと思っているわ。どちらかというと女優を中心にしたいかも。


【8】――好きな俳優は?

女優ならケイト・ブランシェット、男性では、ありえるかは分からないけどブラッド・ピットと競演したいです。ブラッド・ピットは素敵なだけじゃなくて、彼の演技も好きです。あと、モーガン・フリーマンも好きです。


【9】――最新作は?

フランスでは今年の1月29日に公開となった、シャルロット・ゲンズブール主演『Jacky Au Royaume Des Filles』(原題)というコメディ作品。監督はRiAD SALTOUF
女性が権力を持っていて、その頂点にいる女性の役をシャルロットが演じていて、私は一切、笑う事のない、冷酷な少女の役。


【10】――最後に、これから日本のファンにメッセージをお願いします。

沢山の日本の方に、この映画を観てもらいたいです。大変、良い映画なので、みんな喜んでもらえると思います。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top