阿部寛“日本一濃い顔”の称号を奪取!上戸彩の背中を「いやらしい気持ちで…」と告白

最新ニュース

阿部寛&上戸彩/『テルマエ・ロマエII』初日舞台挨拶
  • 阿部寛&上戸彩/『テルマエ・ロマエII』初日舞台挨拶
  • 上戸彩/『テルマエ・ロマエII』初日舞台挨拶
  • 阿部寛&上戸彩&北村一輝&宍戸開&武内英樹(監督)&ヤマザキマリ(原作者)/『テルマエ・ロマエII』初日舞台挨拶
  • 阿部寛/『テルマエ・ロマエII』初日舞台挨拶
  • 北村一輝/『テルマエ・ロマエII』初日舞台挨拶
  • 宍戸開/『テルマエ・ロマエII』初日舞台挨拶
阿部寛らが古代ローマ人を演じる大ヒット映画の続編『テルマエ・ロマエII』が4月26日(土)に公開初日を迎え、主演の阿部寛、上戸彩、北村一輝、宍戸開、武内英樹監督、原作者のヤマザキマリが舞台挨拶に登壇した。

2012年に公開された前作『テルマエ・ロマエ』は、興行収入59.8億円を記録する大ヒット。本作では、時の皇帝・ハドリアヌスにも認められる浴場設計技師となったルシウス(阿部さん)が、新たなテルマエ(浴場)の設計を命じられ、再び現代の日本にタイムスリップし、斬新な風呂作りに奮闘する様を描く。

満員の観客を前に、阿部さんは「前作をこれほど多くのお客様が観てくださると想像していなかったので、今回はお返しの気持ちで作りました。前作の人気に甘んじることなく、みんなで真剣に作ったので楽しんで」と上機嫌で呼びかけ。すると、その上機嫌の理由を上戸さんが「北村さんがいると、阿部さんの目がキラキラしちゃうんです。2人でずっとバトルしてるんですよ」と暴露。

その言葉通り、北村さんが、前作の公開時に行われた「第1回日本一濃い顔俳優選手権」で阿部さんを下して優勝したことに触れ、「あれからどこに行っても『日本一濃い』と言われる。でも僕は、いまだにそうは思ってないですから」と不満げに語ると、「(北村さんの顔の濃さは)イタリア人も認めてますから」「今日はヒゲを剃って薄くなったと思っているかもしれないけど、濃いですから」と、阿部さんも対抗。

「主役としては悔しい結果でしたよね?」と質問されても、「全然悔しくありません。当然だと思っています」と頑として譲らず、急遽第2回が行われ、今度は阿部さんが僅差で勝利。「北村くんでしょ?」と阿部さんが抗議する中、北村さんは「これが正しいと思います」と満足げな笑みを浮かべた。

また、同時に行われた「第1回日本一お風呂が似合う俳優・女優選手権」では、上戸さんが優勝。背中を披露した阿部さんとの混浴シーンをふり返り「鍛えようと思っていたのにトレーニングができなくて、だらしない背中になっちゃったなと後悔していたのに、みなさんのおかげで明日の新聞に素敵な記事が載りそうです」と喜ぶと、阿部さんが「(その背中を)いやらしい気持ちで見てました」と自ら暴露し、会場の笑いを誘っていた。

『テルマエ・ロマエII』は全国東宝系にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top