『アナ雪』ついに『アバター』超え! ディズニー史上歴代興収No.1に

最新ニュース

『アナと雪の女王』-(c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』-(c) 2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』ポスター/(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』-(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』-(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 妹・アナ(左)と姉・エルサ(右)/『アナと雪の女王』-(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』-(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』-(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王』オラフ-(C)
大ヒット中のディズニー・ミュージカル映画『アナと雪の女王』が、またしても新たな記録を塗り替えたことが明らかとなった。

ゴールデン・ウィークの最終日となった5月6日(火・祝)までで、興行収入159億円、観客動員数1,265万人を突破し、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンの歴代興行収入No.1の座に輝いた。また『アバター』の興行収入156億円を超え、日本歴代興行収入8位にランクインすることとなった。

公開8週目を迎えたゴールデン・ウィーク後半も、老若男女を問わず幅広い客層が来場。朝から夜まですべてのバージョン(3Dや日本語吹替え版など)で満席の劇場が相次ぎ、当日に劇場窓口でチケットが購入できない劇場も続出したほどだ。

5月5日(月・祝)の一日での興行収入は6億9,922万6,600円で、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン史上歴代3番目の記録を達成した。1位の『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』は3日目で7.5億円、2位も同作品で2日目の7.24億円、4位の『アリス・イン・ワンダーランド』は1日目の6.59億円という数字を見ても、公開後53日目の数字としては驚異的な成績といっていいだろう。

【日本歴代興行収入記録】 (※5/6興行通信社調べ)
◆1位「千と千尋の神隠し」/304億円
◆2位「タイタニック」/262億円
◆3位「ハリー・ポッターと賢者の石」/203億円
◆4位「ハウルの動く城」/196億円
◆5位「もののけ姫」/193億円
◆6位「踊る大捜査線THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」/173億円
◆7位「ハリー・ポッターと秘密の部屋」/173億円
◆8位「アナと雪の女王」/159億円
◆9位「アバター」/156億円
◆10位「崖の上のポニョ」/155億円

幅広い支持を集め、国民的映画として愛されるまでとなった『アナと雪の女王』。このまま順調に客足が落ちなければ、大台の200億円突破も、いよいよ射程圏内だ。

物語は、アンデルセン童話「雪の女王」からインスピレーションを受け、ディズニー独自のミュージカルのエッセンスを加えたオリジナルストーリーで展開する。

触れるもの全てを凍てつかせる“秘密の力”を持つ姉・エルサはその力を制御できず、真夏の王国を凍てつく冬の世界に変えてしまい、国を去る。妹のアナは、姉と王国を救うため、山男のクリストフとその相棒・トナカイのスヴェン、“夏に憧れる雪だるま”のオラフと共に雪山の奥深くへと旅に出るのだが――。

『アナと雪の女王』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top