【予告編】「テラハ」住岡梨奈の歌声に感涙必至! 日台合作映画『一分間だけ』

韓流・華流

『一分間だけ』 -(C) 2014映画『一分間だけ』
  • 『一分間だけ』 -(C) 2014映画『一分間だけ』
  • 住岡梨奈/日台合作映画『一分間だけ』の日本上映版主題歌を担当
  • 『一分間だけ』 -(C) 2014映画『一分間だけ』
  • 『一分間だけ』 -(C) 2014映画『一分間だけ』
  • 『一分間だけ』 -(C) 2014映画『一分間だけ』
  • 『一分間だけ』 -(C) 2014映画『一分間だけ』
  • 『一分間だけ』 -(C) 2014映画『一分間だけ』
日本のみならず台湾でも出版され、ベストセラーとなっている原田マハの小説を、台湾のスター、ピーター・ホー&チャン・チュンニンで映画化した『一分間だけ』から、予告編が到着。人気青春リアリティ番組「テラスハウス」の出演者だったシンガー、住岡梨奈の透き通った歌声が涙を誘う主題歌もお披露目された。

ファッション雑誌編集者のワンチェン(チャン・チュンニン)は、ふとしたきっかけから、彼女を献身的に支える恋人ハオジエ(ピーター・ホー)と共にゴールデンレトリバーの“リラ”を飼うことに。

しかし、ワンチェンは仕事に夢中になる日々の中で、次第に愛犬の世話や恋愛に対して葛藤するようになっていく。ハオジエとの言い争いやすれ違いが多くなり、仕事上でもトラブルが続くワンチェン。そんな折、“リラ”が病に侵されてしまう…。

仕事と恋愛、愛犬の世話の狭間で苦悩する、等身大の現代女性を描いた小説を基に、舞台を台湾に移して映画化した本作。小説は台湾でも発売されており、ヒロインと同じような働く女性たちを中心に「泣いた」「共感できる」と大きな話題を集めた。

そんな本作は、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』『ブロークバック・マウンテン』のアカデミー賞監督アン・リーの弟であるガン・リーが映画化を熱望。モノづくりを行う日本の企業グループ「beachwalkers.」の吉田正大とタッグを組んで、台湾で映画製作会社を設立し、日台合作映画として完成が実現した。

主演を務めるのは、『ソフィーの復讐』で日本にもファンが多いピーター・ホーと、『闘茶 tea fight』などのチャン・チュンニン。日本人モデル役で、新鋭女優の池端レイナも出演する。

予告編では、ゴールデンレトリバーの“リラ”が2人の元にやってきて、家族になっていく様子や、ワンチェンが仕事に追われ、彼氏や“リラ”に当たってしまうシーン、そしてワンチェンと“リラ”の愛情の印である“ハイタッチ”シーンなどが盛り込まれており、共感&感涙ポイントの高いストーリーを予感させている。



また、本作の日本上映版の主題歌を歌うのは、「テラスハウス」(フジテレビ系)から生まれた曲が人気を集めている住岡梨奈。住岡さん自身も犬を飼っていた経験があるそうで、本作に感動し、「音速ライン」の藤井敬之と共作で主題歌を書き下ろした。

爽やかな風のような台湾の風景が、住岡さんの透き通った歌声にマッチし、思わず涙が溢れてしまう予告編を、まずはここからチェックしてみて。

『一分間だけ』は5月31日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top