【カンヌ国際映画祭】ケイト・ブランシェット、“アダルトトーク”でカンヌ沸かす!

最新ニュース

ドラゴンと戯れる、ケイト・ブランシェット/『ヒックとドラゴン2』(原題:HOW TO TRAIN YOUR DRAGON 2) in 第67回カンヌ国際映画祭
  • ドラゴンと戯れる、ケイト・ブランシェット/『ヒックとドラゴン2』(原題:HOW TO TRAIN YOUR DRAGON 2) in 第67回カンヌ国際映画祭
  • ケイト・ブランシェット/『ヒックとドラゴン2』(原題:HOW TO TRAIN YOUR DRAGON 2) in 第67回カンヌ国際映画祭
  • 『ヒックとドラゴン2』(原題:HOW TO TRAIN YOUR DRAGON 2) in 第67回カンヌ国際映画祭
  • 『ヒックとドラゴン2』(原題:HOW TO TRAIN YOUR DRAGON 2) in 第67回カンヌ国際映画祭
  • 『ヒックとドラゴン2』(原題:HOW TO TRAIN YOUR DRAGON 2) in 第67回カンヌ国際映画祭
  • ドレスの裾に入るウクライナのTVリポーター-(C) Getty Images
  • ケイト・ブランシェット&アメリカ・フェレーラ-(C) Getty Images
5月16日(現地時間)、第67回カンヌ国際映画祭でドリームワークス製作のアニメーション『ヒックとドラゴン2』(原題:HOW TO TRAIN YOUR DRAGON 2)が招待上映され、声優をつとめたケイト・ブランシェットが記者会見に登壇。デルポソのユニークな今年『ブルージャスミン』でアカデミー賞「主演女優賞」を受賞した、名実ともに大女優のケイトに富んだ応答に、会見場は笑いに包まれた。

ケイトが演じたのは、主人公・ヒックの母親。バングラデシュから来たという記者に「ぜひバングラデシュに来てください。ご招待します。あなたはバングラデシュでものすごく人気があるんですよ」と言われたケイトは、「もちろん。電話番号をあとで教えてあげる。あなたのドラゴンを教育してあげるわよ(TRAIN YOUR DRAGON)」と艶然と微笑み、「あら、この映画は子どもも観るんだったわね」と付け加えると、場内は笑いの渦に包まれた。“ドラゴン”には、俗語でセクシーな意味合いがあるのだ。

会見には、前作に引き続き主人公の見習いバイキングのヒックを演じるジェイ・バルチェルや、アメリカ・フェレーラ(『アグリー・ベティ』)、キット・ハリントン(『ゲーム・オブ・スローンズ』)、ジャイモン・フンスー、ディーン・デュボア監督、ドリームワークスを率いるジェフリー・カッツェンバーグが出席した。

一方、夜のレッドカーペットでは、アメリカ・フェレーラのふくらんだドレスの裾に男が頭を突っ込むという、とんでもない事件が発生。最初に不審者の存在に気づいたケイト・ブランシェットが男を引き離し、すぐにガードマンに取り押さえられ、逮捕された。

男はウクライナのお騒がせレポーターと知られており、以前にもレオナルド・ディカプリオに抱きつくなどの騒動を起こしている。アメリカにとって初めてのカンヌのレッドカーペットがとんだことになってしまった。

第67回カンヌ国際映画祭は5月25日(現地時間)まで開催。
《photo / text:Ayako Ishizu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top