堂珍嘉邦が思う“真実の愛”とは? 「シンプルに、信じること」

最新ニュース

堂珍嘉邦&高梨臨&石橋杏奈&村井良大/『醒めながら見る夢』初日舞台挨拶
  • 堂珍嘉邦&高梨臨&石橋杏奈&村井良大/『醒めながら見る夢』初日舞台挨拶
  • 堂珍嘉邦/『醒めながら見る夢』初日舞台挨拶
  • 高梨臨/『醒めながら見る夢』初日舞台挨拶
  • 石橋杏奈/『醒めながら見る夢』初日舞台挨拶
  • 村井良大/『醒めながら見る夢』初日舞台挨拶
  • 堂珍嘉邦&高梨臨&石橋杏奈&村井良大/『醒めながら見る夢』初日舞台挨拶
  • 堂珍嘉邦/『醒めながら見る夢』初日舞台挨拶
  • 高梨臨/『醒めながら見る夢』初日舞台挨拶
5月17日(土)、ミュージシャンの堂珍嘉邦が新宿武蔵野館で行われた『醒めながら見る夢』の初日舞台挨拶に出席。この日、辻仁成監督は欠席となったが、パリから心のこもったメッセージが到着。堂珍が「来てくださいよ!」と語りかけ、会場を笑わせる一幕もあった。

本作は、古都・京都を舞台に、堂珍さん扮する主人公の人気演出家・優児が、恋人の亜紀とその妹・陽菜との関係に揺れながら、真実の愛を探し求めていく様を繊細に描いたもの。舞台挨拶には、堂珍さんを始め、高梨臨さん、石橋杏奈さん、村井良大さんが登壇した。

辻監督は「一丸となって作った作品」と渾身の思いを明かし、「ミラクルの連続。奇跡を呼ぶ、“醒め夢チーム”。映画というのは、奇跡を起こす芸術なんです。この映画は、永遠に歴史に残る作品と自負しております」と感無量の様子。「映画、大好きです。またスクリーンで会いましょう」と、晴れやかにメッセージを寄せていた。

すると堂珍さんは、「みんなで作り上げているという感じがあって。素晴らしいスタッフさんたちがみなさん、辻さんのことを愛しているという感じがあった」と辻監督チームの絆に感動。「どんな世界でも愛がないといい作品ができない。愛に囲まれた現場だった」と充実の撮影をふり返っていた。

“真実の愛”がテーマとなる本作。MCから「真実の愛とはどんなもの?」との質問が飛ぶと、「難しいですね」と考え込んだキャスト陣。一部では“離婚問題”も報道された堂珍さんだが、村井さんが「みんな、それを探し求めて生きていますからね」と言うと、堂珍さんは「基本はね。オレがしゃべると何か違ってきちゃう」と苦笑い。続けて「なかなか貫くことが大変なところもある。シンプルに、信じることかなと思います」とじっくりとコメントしていた。

高梨さんは「どんなときでも味方でいてくれることが、本当の愛なのかな」、石橋さんは「答えはないと思うんですが、その人をどれだけ思いやれるか。その人に興味を持つことが愛なんじゃないかな」と持論を展開。

そして、堂珍さんから「さあ! 来たよ!」とまるで“オチ”を求めるかのように話を向けられたのが、村井さんだ。「信頼し合って、見返りを求めたりしない、無償の愛。その人のことを思ってできる行い」と村井さんが真摯に発言すると、堂珍さん「うーん、80点かな!」と微妙な採点をして、一同が大爆笑。“醒め夢チーム”の温かな雰囲気が伝わる舞台挨拶だった。

『醒めながら見る夢』は新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top