妻夫木聡、20代の頃、仕事から逃げ出し父に電話したエピソードを告白

最新ニュース

妻夫木聡/『ぼくたちの家族』初日舞台挨拶
  • 妻夫木聡/『ぼくたちの家族』初日舞台挨拶
  • 池松壮亮/『ぼくたちの家族』初日舞台挨拶
  • 妻夫木聡&原田美枝子&池松壮亮&長塚京三&黒川芽衣&石井裕也(監督)&早見和真(原作者)/『ぼくたちの家族』初日舞台挨拶
  • 妻夫木聡/『ぼくたちの家族』初日舞台挨拶
  • 池松壮亮/『ぼくたちの家族』初日舞台挨拶
  • 黒川芽衣/『ぼくたちの家族』初日舞台挨拶
  • 長塚京三/『ぼくたちの家族』初日舞台挨拶
  • 原田美枝子/『ぼくたちの家族』初日舞台挨拶
『舟を編む』で日本アカデミー賞「最優秀作品賞」「監督賞」に輝いた石井裕也監督の『ぼくたちの家族』が5月24日(土)に公開。主演の妻夫木聡、原田美枝子、池松壮亮、長塚京三、黒川芽衣、原作者である早見和真が都内劇場で行われた舞台挨拶に登壇した。

長男が結婚で独立し、大学に通う次男は一人暮らし中で、会社経営者の父と母が幸せに暮らしていた若菜家だったが、母の脳腫瘍が見つかり余命一週間と宣告される。落ち着きを失う父、全てを背負おうとする長男、他人事のような態度の次男、さらには多額の負債も発覚する。それでも男たちはなんとか母を救うべく“奇跡”を願い奔走し…。

長男の浩介を演じた妻夫木さんは「家族は僕らにとって永遠のテーマ。これは僕たちだけでなく、みなさんの物語」と訴える。初めて組んだ石井監督について「監督は種をまくけど、どこに座るとか細かい演出はしない。その前に役者がそうなる(=役になりきる)ように導いてくれる。1日1日、毎シーンが戦いでした」とふり返る。

一家の母親を演じた原田さんは「いい息子たちが2人…石井監督ももうひとりの息子のようなものなので3人ですね」と笑顔を見せる。これに“父”長塚さんが「4人と言ってほしかった…」と寂しそうに語り、会場は笑いに包まれる。

その長塚さんは、突然の事態で情けない姿を露呈する一家の父親役を演じたが「世のお父さんは分かると思いますが、面と向かってではないけど(息子に)疎まれている父親。『自分はそんなにひどいことをしたのかな? 許してよ、悪いところは直すから…』という気持ちの連続で現場での“居方”が難しかったけど、うちの息子(=演出家の長塚圭史)よりも若い監督にその機微を教えられました」とその演出力に舌を巻く。

浩介が母の治療に前のめりになっていくことに辛辣な意見を浴びせる、妻を演じた黒川さんは「私自身は長女で、一番上の不器用さが分かるから妻夫木さんにすごく感情移入できたんです! 演じるときは現実を彼に叩きつける役割なので頑張りました」と苦労を明かす。

実話が基となっている本作だが、まさにこの夫婦のやりとりや関係性に関して原作者の早見さんは釈明。「うちの奥さんは、僕が言うのもあれですがいいヤツなので(映画の中の黒川さんの役のように夫の家族に冷たい女性と思われるのは)かわいそう。そこだけ実話じゃありませんので!」とアピールし、会場は再び笑いに包まれた。

妻夫木さんはまた「家族を繋げているものは何だと思うか?」という観客からの質問に対し「分かんない」と答え、「僕も20代の前半で、芝居ができなくて逃げたことがあるんです。親父に電話したんですが、何も言うことがないんだけど、それでも親父は分かってくれた。分かんないけど、どこかで、電話越しでも繋がってるものなんだと思うし、家族っていいなと思いました」と自らのエピソードを交えつつ語る。

池松さんも同じ問いに「(家族を繋げているのは)血でも時間でもないでしょうね。腹の底の底の思いであればいいなと思う」と語り、客席からは温かい拍手が沸き起こった。

『ぼくたちの家族』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top