堺雅人、16年NHK大河「真田丸」の主役に決定! 三谷幸喜の脚本「楽しみ」

最新ニュース

主人公・真田信繁役に抜擢された、堺雅人/NHK大河ドラマ「真田丸」(2016年)
  • 主人公・真田信繁役に抜擢された、堺雅人/NHK大河ドラマ「真田丸」(2016年)
  • 主人公・真田信繁役に抜擢された、堺雅人/NHK大河ドラマ「真田丸」(2016年)
  • 主人公・真田信繁役に抜擢された、堺雅人/NHK大河ドラマ「真田丸」(2016年)
三谷幸喜が手がける、2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」の主演に、堺雅人が抜擢されたことが6月18日(水)に正式に発表された。演じる役は、戦国時代を駆け抜けた戦国武将・真田信繁(幸村)。2004年の「新撰組!」、2008年の「篤姫」に続いて三度目の大河への出演に「楽しみで仕方がありません」とコメントを発表した。

真田幸村の史料に残る名は、信繁。若き日に、上杉景勝、豊臣秀吉の人質として暮らし、関ヶ原の戦いでは西軍につき、高野山に幽閉された。「大坂の陣」では、“真田丸”と呼ばれる砦を作り上げ、徳川家康軍を相手に果敢に戦い、大坂夏の陣にて戦死――影を背負いながらも華やかな活躍を見せ、現代でも人気を誇る武将である。

しかし、本作で三谷幸喜が描くのは英雄としての真田幸村ではなく、真田信繁の物語。信州の小さな領主の家に生まれ、周囲の大名たちが繰り広げる戦乱の荒波に翻弄されながらも、的確に時代と人を読んだ幸村は、父や兄をはじめとした家族とともに、知恵と勇気と努力で、戦国の世を必死にサバイバルしていく姿が描かれる。

今回、主演という大役に抜擢された堺さんは「いまはまず、なによりも、三谷幸喜さんの脚本を楽しみにしています」とコメント。

さらに、真田信繁については「僕は、49年の生涯のうち、最後の1年間に人生の輝きのほとんどが集中しているイメージをもっています。“真田幸村”としてこれだけ有名な人物にもかかわらず、大坂城攻防戦以外の、大部分の時間が歴史に埋もれていている気がするのです。けれども逆にいえば、それだけ想像の余地があるわけで、その空白の時間を三谷さんがどう描くのか、どんな新しい人物像が生まれるのか、楽しみで仕方がありません。撮影はまだまだ先ですが、皆さまとともに戦国時代を旅することを心待ちにしています」と胸を高鳴らせている。

果たして、どんなビジュアルで、どんなキャラクターとなって登場するのか、注目が集まりそうだ。

NHK大河ドラマ「真田丸」は2016年1月より放送予定(※全50回)。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top