松田翔太、盟友・松居大悟監督の成長に感無量!?『スイートプールサイド』で再タッグ

最新ニュース

松田翔太&松居大悟(監督)/『スイートプールサイド』公開記念トークショー
  • 松田翔太&松居大悟(監督)/『スイートプールサイド』公開記念トークショー
  • 松田翔太/『スイートプールサイド』公開記念トークショー
  • 松田翔太&松居大悟(監督)/『スイートプールサイド』公開記念トークショー
俳優の松田翔太が6月19日(木)、東京・新宿ピカデリーで行われた『スイートプールサイド』公開記念トークショーに松居大悟監督と共に出席した。『アフロ田中』以来の再タッグで、盟友である2人きりのトークショーは初めて。cinemacafe.netが独占取材を敢行した。

毛が生えずに悩む高1男子の年彦(須賀健太)は、ある日同じ水泳部の毛深い女子・綾子(刈谷友衣子)から「私の毛を剃ってくれない?」と頼まれる。押見修造の同名青春コミックを原作に、思春期特有の悩みに翻弄される少年少女の姿を時に滑稽に、時に真摯に描いた。

そんな本作で、年彦のイケメン兄貴・光彦を演じている松田さん。ある日、松居監督から熱い手紙が届いたと言い「『アフロ田中』に続く変態な映画をやろうと思っている。『オレたちは共犯者じゃないか』って書いてあった」と出演オファーを述懐。片や松居監督も「以前から翔太君が『必要ならすぐに駆けつける』って言ってくれたから」と固い絆をアピールする。

ただ、松田さんは台本の冒頭数ページを読んで「これ、大丈夫かな…。危ないんじゃないかって思った」のだとか。それでも「彼がこれをやりたいなら、賭けてみようと。大人から見ればバカバカしい悩みでも、そこに熱くなる主人公2人の衝動は真実であり無垢だなって」と松居監督を信じ、出演を決めたそうだ。

松田さん演じる光彦は、原作には登場しないオリジナルキャラクターで「年彦の両親を出しちゃうと、彼の悩みが子どもっぽくなってしまう。大事なことを気づかせてくれる存在として、20代後半の兄がいいかなと思った。説得力がある人がいいし、それなら翔太君しかいない!」(松居監督)と全幅の信頼。これにはふだんクールな松田さんも、思わず照れ笑いだ。

そんな松田さんが『スイートプールサイド』の現場で目の当たりにしたのは、松居監督の成長ぶり。「すっかり現場のボスになっていましたね。前回に比べると、指示を伝えるのがスムーズになっていたような。こんな外見で(笑)フザけていると思われがちですけど、現場ではとってもハンサムガイなので」(松田さん)、「現場で謝る回数が格段に減りました。アフロのときは、周りも年上のスタッフさんばかりで、ビビりまくっていたので」(松居監督)。

ちなみに2人は同じ歳で、終始トークは丁々発止! 「アフロの後、商業的なものを目指そうか迷ったが、結局自分がやりたいことに気持ちを寄せたら、抜け出せなくなって」(松居監督)、「それは知らねえよ!」(松田さん)と軽快なやりとりで会場を盛り上げていた。

『スイートプールサイド』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top