行定勲監督、都議会での女性議員へのヤジを強く非難 「イマジンが足りない」

最新ニュース

芦田愛菜&行定勲(監督)/『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』初日舞台挨拶
  • 芦田愛菜&行定勲(監督)/『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』初日舞台挨拶
  • 芦田愛菜/『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』初日舞台挨拶
  • 行定勲(監督)/『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』初日舞台挨拶
  • 芦田愛菜&行定勲(監督)/『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』初日舞台挨拶
  • 芦田愛菜/『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』初日舞台挨拶
  • 芦田愛菜&行定勲(監督)/『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』初日舞台挨拶
  • 芦田愛菜/『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』初日舞台挨拶
芦田愛菜主演の映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』が6月21日(土)に公開。愛菜ちゃんと行定勲監督がTOHOシネマズ シャンテ(東京・日比谷)にて行われた舞台挨拶に登壇した。

「きいろいゾウ」などで知られる作家・西加奈子の小説を実写化。“普通”を嫌う個性的な小学3年生の少女・こっこが家族や友達とのふれあいの中で成長していく姿を瑞々しく描き出す。

愛菜ちゃんは「昨日の夜は、お客さんが一人も来なかったらどうしよう? と思って眠れなかった」と明かすが、満員の観客の拍手と歓声にホッとした様子で笑顔を浮かべる。赤い可愛らしいドレス姿の横でスーツの行定監督は「親子参観に見えないですか(笑)? 娘の晴れ姿に付き添っているだけって感じの…」と苦笑を浮かべつつ、「シャンテは僕にとって青春そのもの。上京して初めて来た映画館もここでした。このスクリーンに自分の映画が掛かっているというのが嬉しい」と感慨を口にした。

撮影に、プロモーションと1年近くにわたって愛菜ちゃんをそばで見てきた行定監督は、改めて愛菜ちゃんについて「可愛いですよね。最初に会った時は普通の子で“天才子役”というのは作られたものだったのか? と思ったんですが、台本を渡されて以降、(愛菜ちゃんが)変わっていくんです。『セリフ覚えるの早いんでしょ?』と聞いたら、『覚えるのは遅いんです。だからたくさん読みます』と。本読みの段階で、台本を持っていなくて完璧(に覚えている状態)なんです」とその凄さを明かした。

今後、やってみたい役は? という問いに愛菜ちゃんは「推理小説が好きで江戸川乱歩とかを読んでるので、シャーロック・ホームズのような探偵を演じてみたいです」と希望を語った。

映画ではタイトルにもある“イマジン=想像”が重要な要素となるが、愛菜ちゃんは「人の気持ちを考えるのが大切だと感じたし、大人になってもイマジンを忘れずに大切にしたいです」と語る。

行定監督は「(イマジンは)いまの世に大切なこと。ジョン・レノンは世界平和を歌ったけど、ここでのイマジンは目の前にいる人の気持ちを考えること。それがジョン・レノンのイマジンと繋がっていくと思います」と語る。さらに「都議会の議員も見てほしい。イマジンが足りないです! おかしいですよ」と先日の都議会での女性議員への侮蔑的なヤジを強い口調で非難した。

『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top