天才子役・芦田愛菜の名演に行定監督が激賞! 『円卓』BD&DVD発売

映画

『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』/(C) 2014「円卓」製作委員会
  • 『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』/(C) 2014「円卓」製作委員会
  • 『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』/(C) 2014「円卓」製作委員会
  • 『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』/(C) 2014「円卓」製作委員会
  • 『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』/(C) 2014「円卓」製作委員会
  • 『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』/(C) 2014「円卓」製作委員会
  • 『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』/(C) 2014「円卓」製作委員会
  • 『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』/(C) 2014「円卓」製作委員会
「きいろいゾウ」などで知られる作家・西加奈子の同名小説を映画化した『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』のBD&DVD発売を記念して、芦田愛菜と行定勲監督のコメントがシネマカフェに到着。同作と出会って変化した自身の価値観や内面について、素直な気持ちを語っている。

ちょっと変わった女の子・こっこ役の芦田さんは、「私も学校でお友達とケンカしたりしますが、主人公のこっこちゃんを演じて、友達の気持ちを“イマジン”してからお話したり、行動するようになりました。もちろん、演じる上でも“イマジン”はスゴく大事だと思います。役に入る時には、この子はどう行動するだろう…、どう考えるだろう…といつも想像しています」とコメント。演技を通じて、本作のメッセージを自身でも受け止めたことを明かす。

行定監督は、「僕はミュージシャンじゃないからジョン・レノンや忌野清志郎のように『イマジン』を歌うことはできないが、映画で『イマジン』って叫べるんじゃないか、彼らの『イマジン』を受け継ごうと思ったんです」と想いを吐露。「だからこれは相手の気持ちを想像することで世界を繋げようとする少女の『イマジン』する映画になりました」と語る。

大阪を舞台に、賑やかな大家族と幸せに過ごすが、そんな幸せを疎ましいと思う、ちょっと変わった女の子・こっこの心の成長を描いた感動作。行定監督をして「芦田愛菜がいなければ映画化出来なかった」と言わしめた天才子役・芦田の名演に、胸が熱くなるはず!

<『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』ブルーレイ&DVD/リリース情報>
【セル】ブルーレイ(1枚組) ¥4,700(本体)+税
【セル】DVD(1枚組) ¥3,800(本体)+税

発売中
発売元・販売元:ポニーキャニオン
※レンタル版同時スタート! (発売元:ポニーキャニオン 販売元:東宝)
(C) 2014「円卓」製作委員会
http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbp53122/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top