新垣結衣、初の教師役に! 原作はアンジェラ・アキ「手紙」が基のベストセラー

最新ニュース

『くちびるに歌を』-(C) 2015 『くちびるに歌を』製作委員会 -(C) 2011 中田永一/小学館
  • 『くちびるに歌を』-(C) 2015 『くちびるに歌を』製作委員会 -(C) 2011 中田永一/小学館
アンジェラ・アキの名曲「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」をモチーフにしたベストセラー小説「くちびるに歌を」の映画化が決定。主演にCM、ドラマ、映画と多岐にわたって活躍中の新垣結衣が抜擢! 新垣さんは本作で教師役初挑戦となる。

長崎県・五島列島の中学校。ある日、天才ピアニストだったとうわさされる臨時教員の柏木先生が、東京からやってくる。合唱部の顧問となった彼女は、コンクール出場を目指す部員たちに、“15年後の自分”へ手紙を書く課題を出す。そこには、15歳の彼らが抱える、誰にも言えない悩みと秘密が綴られていて…。

原作は、2008年にNHK全国学校音楽コンクール課題曲となった「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」の作者アンジェラ・アキが、全国の中学生に会いに行き直接対話をするというテレビドキュメンタリーのエピソードを基に、ペンネーム“乙一”としても活躍する中田永一によって書きおろされた「くちびるに歌を」(小学館刊)。

“現代版・二十四の瞳”とも言える本作の主人公・柏木先生を演じる新垣さんは、田舎には似つかわしくないとびきりの美人なのに、愛車はぼろぼろのトラックで性格は教師とは思えないほどぶっきらぼうに生徒と接する役柄。天才ピアニストの臨時教員ということで、ピアノの猛練習に励んだようだ。

新垣さんは、先生役を受け「いままでは私が生徒として先生や先輩方に見守られる役だったのが、今回初めての先生側ということで、そんな年齢になったんだなぁということを改めて実感しています」としみじみ。「ただ実際は、自分がイメージしていたよりもずっと中身は子どもで、どんなに年齢を重ねようがその時その時で困難にぶつかることはあって、そんな心境や状況は柏木ユリやアンジェラ・アキさんの『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』という曲の歌詞にとてもリンクするなと思います。そんなわけで大事に撮影期間を過ごして行けたらなと思います。がんばります」と意気込みを語った。

監督を務めるのは、『ホットロード』『アオハライド』など話題作の公開も控える、三木孝浩。この原作を読んで中学生時代を思い出し涙が止まらなかったと話す監督は、「大人になった自分だからこそ、あの頃の自分へ伝えられるメッセージがある。手紙のかわりに、僕はこの映画をつくります」とコメント。

本作には柏木を演じる新垣さんのほかに、親友で彼女を教員として呼び戻す産休間近の音楽教師・ハルコに木村文乃。柏木に思いを寄せる同僚・塚本役に桐谷健太。合唱部員サトルの兄にバンド「黒猫チェルシー」のボーカリスト渡辺大知。さらに、木村多江、小木茂光、眞島秀和、石田ひかり、角替和枝、井川比佐志などの実力派俳優が集結。

柏木が指導する合唱部員の生徒たちに、TVドラマ「ハガネの女」や「FUNKY MONKEY BABYS」のPVにも出演する恒松祐里がナズナ役に、アミューズに所属する下田翔大がサトル役を務める。さらに、『陽だまりの彼女』で主人公の中学時代を演じた葵わかなを始め、柴田杏花、山口まゆ、佐野勇斗、室井響らが半年間に及ぶ合唱練習を積み、この夏オール長崎ロケの合宿生活に挑む。

「この作品が一人でも多くの人に届くことを願います」と語るアンジェラさん本人による「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」を主題歌に、新垣さんは等身大の歌詞をどのように生徒たちに伝えていくのだろうか。続報を楽しみに待ちたい。

『くちびるに歌を』2015年2月、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top