東出昌大、渡辺謙と初共演に歓喜!「尊敬する大先輩」 ドラマ「おやじの背中」

最新ニュース

「おやじの背中~よろしくな。息子」-(C) TBS
  • 「おやじの背中~よろしくな。息子」-(C) TBS
10人の脚本家と10組の名優で描く10の物語と銘打って田村正和&松たか子、役所広司&満島ひかり、堀北真希&遠藤憲一ら豪華俳優陣が親子役で登場するドラマ「おやじの背中」(TBS)。このほど放送開始を目前に控えた本作で、渡辺謙と東出昌大が初共演を果たすことが明らかとなった。

毎回、異なる脚本家による1話完結のオリジナルストーリーが全10話繰り広げられる本作。今回、渡辺さんと東出さんが共演を果たすことになった作品は、「同棲時代」や「ふぞろいの林檎たち」など数多くの名作ドラマを生み出した山田太一が手がける「よろしくな。息子」だ。

見合いの末に断られた女性(余貴美子)のことが諦めきれず、せめて彼女の息子を一目見てみたいと彼のアルバイト先のコンビニにやってきた男の役に渡辺さん、見合い相手の息子役に東出さんが扮する。

男がコンビニで息子の様子を伺っているちょうどそのときに強盗が現れ、事態は思わぬ方向へ向かっていく。靴作りに一生をささげた男と、仕事のことしか頭にない女、社会の入り口で悩む息子…それぞれ懸命に生きる男と女を新鮮な筆致で描き出す。

渡辺さんと東出さんの共演シーンは、強盗事件が起こるコンビニでスタートする。柴田理恵扮する気弱な強盗が登場し、2人との掛け合いが始まる。後日、渡辺さんと東出さんは台本で15ページに及ぶ2人だけの会話シーンでも熱い共演を披露した。

渡辺さんは、今回の出演に「山田太一先生の密度の濃い短編で、台詞の多さに泣きながらも楽しんでいます。役作りをするというより、台本のセリフを写経のように忠実になぞることで、その人物が浮かび上がってくる感じです。この作品とどう向かい合うか、セリフと格闘しているようなところがあったので、自分の中で歯車がかみ合うのに時間がかかりました。ほんわかした話ですけど、緊張感はありますね」とコメント。

また、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で渡辺さんの実娘・杏との共演を果たしている東出さんは、「台本を受け取り、数回読んだとき、とても難しく心配でしたが、撮影をしているいまは、この作品に出させていただけることへの感謝の気持ちと、意気込みに満ちあふれています。 尊敬する大先輩の胸に飛び込み、食らいつく勢いで、お芝居に臨んでいます」と渡辺さんを頼りにしているようだ。

それを受け、渡辺さんは「東出くんは僕の胸を借りるって言ってますが、こんなでかい奴に胸を借りられてもねぇ(笑)。でも、彼は得な性格で、先輩に可愛がられるタイプだと思う。叱咤激励されながら成長していってほしいです」と父親のような姿勢で語った。

日曜劇場「おやじの背中」は、7月13日(日)21時よりTBSにて放送開始。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top