新星・小松菜奈、賛否呼ぶ『渇き。』の次は実写版『バクマン。』でピュアなヒロイン!

最新ニュース

小松菜奈(亜豆美保役)/実写映画『バクマン。』 -(C)2015映画「バクマン。」製作委員会 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 小松菜奈(亜豆美保役)/実写映画『バクマン。』 -(C)2015映画「バクマン。」製作委員会 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 佐藤健(真城最高役)&神木隆之介(高木秋人役)/実写映画『バクマン。』 -(C)2015映画「バクマン。」製作委員会 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 実写映画『バクマン。』 -(C)2015映画「バクマン。」製作委員会 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 亜豆美保(イラスト)/実写映画『バクマン。』 -(C)2015映画「バクマン。」製作委員会 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
  • 小松菜奈(亜豆美保役)/実写映画『バクマン。』 -(C)2015映画「バクマン。」製作委員会 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社
賛否両論の嵐を巻き起こしている中島哲也の監督作『渇き。』でエキセントリックなヒロインを演じた新星女優・小松菜奈が、今度は「デスノート」の大場つぐみ×小畑健コンビの大人気コミックを実写化した『バクマン。』で、可憐なるヒロインに挑戦することが明らかとなった。

本作の主人公は、高校生の真城最高(ましろもりたか/演:佐藤健)。高い画力をもちながらも将来に夢を持たず、ただ流されて普通に生きていくだけの日々を送っていた。ある日、些細な出来事をきっかけに、クラスの秀才で漫画原作家・志望の高木秋人(たかぎあきと/演:神木隆之介)に、「オレと組んで漫画家にならないか」と誘われる。

はじめは一緒に漫画を描くことを拒絶していたが、声優を目指している片想いのクラスメイト・亜豆美保(あずきみほ)と、「漫画家として、声優として、お互いの夢が実現したら結婚する」と約束したことから、漫画家への道を志すことに――。

前述の『渇き。』やドコモdビデオのCMに出演し注目を集めている小松さんが、本作で演じるのは最高が恋心を抱くヒロイン・亜豆。今回の大抜擢を受け、「亜豆は自分の意思をしっかり持っているピュアな女の子で、男性がイメージする理想の女性の様に思います。自分で決めた一つの大きな夢に向かって頑張っている姿がとてもまっすぐで、共感しながら演じました」と撮影をふり返る。

さらに、劇中では初の声優役としてアフレコシーンに挑戦しているそうで、「亜豆を演じるにあたって“声優”という役柄を演じられるかとても不安で、撮影前に監督へレッスンを希望しました。実際の声優の方にレッスンを受けることが出来たので、撮影時には少しは上達したかなと思います。また撮影現場では、最高役の佐藤さんが緊張している私に優しく話しかけてくださり、とても安心して楽しんで撮影出来ました。最高と亜豆のピュアで甘酸っぱいシーンも、楽しみにしてください。頑張って演じた作品なので、多くのみなさんに観て頂きたいです」とコメントを寄せている。

鬼才・中島監督の次に、『モテキ』で知られる奇才・大根仁がメガホンを握る本作への出演。作品と共に女優・小松菜奈にますます注目が集まりそうだ。

『バクマン。』は2015年、全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top