レディー・ガガ、元アシスタントが暴露本を発売へ

最新ニュース

レディー・ガガ -(C) Getty Images
  • レディー・ガガ -(C) Getty Images
  • レディー・ガガ -(C) Getty Images
  • レディー・ガガ -(C) Getty Images
  • レディー・ガガ -(C) Getty Images
レディー・ガガの元アシスタントが暴露本を発売するようだ。ガガのアシスタントを務めていたジェニファー・オニールがサイモン・アンド・シュスター傘下のアトリア・ブックスと100万ドル(約1億円)の出版契約を交わしたと「New York Post」紙のページ・シックス欄は報じている。

2009年から2011年にかけて「モンスター・ボール」ツアー中にガガのアシスタントを務め、2011年には7,000時間におよぶ残業代の未払いの件で訴えていたジェニファーは、今回の暴露本を「フェイム・モンスター」と名付けて発表するようだ。

ジェニファーはまだ原稿をアトリア社に提出していないというものの、ガガとの法廷争いの際の書類からはその「モンスターのような」内容が予想される。ジェニファーはガガが「1人では眠らない」主義だという理由から、ガガと同じベッドで眠ることを「要求され」、わずか7万5,000ドル(約760万円)の給料で「年中無休で働く」ことを求められたと証言していた。

またジェニファーは「私にはまったくプライバシーもなく、家族と話すチャンスも、友人と話すチャンスもありませんでしたし、もし私がセックスをしたくてもセックスをするチャンスさえありませんでした。何をするチャンスもなかったのです」と話していた。

一方で、未公開の条件でこの訴訟を示談に持ち込んだガガは、ジェニファーのことを「自身が稼いでもいないお金を求めて訴訟を起こす学のない女」だと宣誓下でコメントしていた。またガガは「私は毎日この宇宙の女王なの...私のために働いてくれるみんなにはかなり良い人よ」と続けていた。

いまのところまだ、この暴露本「フェイム・モンスター」の発売日は未定だ。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top