SKE松井玲奈、不倫カップル役のオファーに「不倫、いいじゃないですか!」

最新ニュース

松井玲奈(SKE48&乃木坂46)&柿澤勇人/映画『gift』舞台挨拶
  • 松井玲奈(SKE48&乃木坂46)&柿澤勇人/映画『gift』舞台挨拶
  • 松井玲奈(SKE48&乃木坂46)/映画『gift』舞台挨拶
  • 松井玲奈(SKE48&乃木坂46)&柿澤勇人&宮岡太郎(監督)/映画『gift』舞台挨拶
  • 柿澤勇人/映画『gift』舞台挨拶
  • 松井玲奈(SKE48&乃木坂46)&柿澤勇人/映画『gift』舞台挨拶
  • 松井玲奈(SKE48&乃木坂46)/映画『gift』舞台挨拶
「SKE48」および「乃木坂46」の松井玲奈が初主演映画『gift』の全国公開を記念して行われた舞台挨拶に、共演の柿澤勇人、宮岡太郎監督と共に登壇した。

ひとつの地域にスポットを当てて映画を製作し、その地の人々の協力で全国へと作品を広げていくという「Mシネマ」の第1弾。偏屈な会社会長の男と彼に「100時間100万円」という条件で買われた笑顔を見せないキャバクラ嬢の奇妙な旅の様子を描き出す。

熱烈なファンの大歓声に迎えられた松井さんは満面の笑み。劇中ではその笑顔を封印し、愛を知らない女性を熱演しているが「テンション低めで世の中、良いことなんてないと思っているところは中二の頃の私とそっくり(笑)。反抗期のまま大人になるとこうなるのか! と思いながら、中二の自分を引っ張り出してきて演じました」とふり返る。

中二の頃の松井さんの姿に様々な憶測が飛ぶ中で、松井さんは「中二なんて、基本的に反抗期じゃないですか?」とファンに同意を求めるが、さっきまでの大歓声とは打って変わって客席はどこか気まずそうな無反応。この“手のひら返し”のリアクションに松井は「うそ? すごい勢いで裏切られた気分です(苦笑)!」とショックを露わにしていた。

柿澤さんは借金取り役で劇中、松井さんに対し“壁ドン”の末、棒付きキャンディを口に突っ込むという暴挙も! 松井さんは「リハでは寸前で止めていたし、入れるって知らなかったんです!」と監督から事前に、口の中に突っ込まれることを知らされていなかったと訴える。柿澤さんは「ゲスな役でして…(苦笑)。松井さんのファンの方にボコボコにされるのでは? とさっきまでビビってました」と客席の反応にホッとした様子を見せた。

キャンディの仕返しとばかり(?)、松井さんが柿澤さんを角材で殴るシーンもあるが、松井さんは「運動音痴で『ここに当ててね』というところに当たらず、申し訳なかったです(苦笑)」と間違って顔面を殴ってしまったことを明かし謝罪。柿澤さんは「気持ちよかったです(笑)」と笑いを誘ったが、監督は現場で、カメラの角度を分析し「心の中で『松井さん、当ててくれ!』と願っていた」とのこと。これを聞いた松井さんは「分かってました(笑)」と語り、再び会場は笑いに包まれた。

今回の根暗なキャバ嬢役に続いて、もし次に演じるなら? という問いに松井さんは「もっと暗い役がやりたいです」と明かす。「基本、不幸顔で『幸せいっぱい!』という顔はしてませんので、どこまで不幸が似合うか知っておきたい」と真剣そのもの。今回、共演を果たした遠藤憲一さんからは「次は不倫カップルの役で」という提案をもらっているそうだが、松井さんは「不倫、いいんじゃないですか?」と誤解を招きそうな発言。「悪い女を演じてみたい!」とノリノリだった。

『gift』は新宿シネマートほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top