【ディズニー】今度はシーでプロジェクションマッピング! 2016年に新ミュージカルショーがスタート

最新ニュース

東京ディズニーシーの新ミュージカルショー/イメージビジュアル
  • 東京ディズニーシーの新ミュージカルショー/イメージビジュアル
  • アナと雪の女王/「ワンス・アポン・ア・タイム」プロジェクションマッピング
  • シンデレラ/「ワンス・アポン・ア・タイム」プロジェクションマッピング
  • プロジェクションマッピング「ワンス・アポン・ア・タイム」/TDR初のタイムラプス動画より一部抜粋
  • 「ワンス・アポン・ア・タイム」プロジェクションマッピング
  • 不思議の国のアリス/「ワンス・アポン・ア・タイム」プロジェクションマッピング
東京ディズニーシーの開園以来続く人気ショー、「ミスティックリズム」の劇場であるロストリバーデルタの「ハンガーステージ」がリニューアルされ、目下話題のプロジェクションマッピングを駆使した新しいエンターテイメントが、2016年に始動することが分かった。

東京ディズニーシーのロストリバーデルタにある「ハンガーステージ」で新たにスタートするエンターテイメントは、影の世界で迷子になってしまう主人公の少女が成長していく姿を、映像と音楽、エネルギッシュなパフォーマンスで表現する、まったく新しいミュージカルショーだという。

このほど解禁となったイメージビジュアルを見ると、深海とも天空とも取れる影の世界に足を踏み入れた少女の上空を、黄金色の鳥の群れが飛びかい、幻想的な世界観で語るミュージカルになる予感が。

そして、注目は東京ディズニーランドのシンデレラ城を舞台にした「ワンス・アポン・ア・タイム」で駆使されているプロジェクションマッピング技術を本格導入することで、色鮮やかでダイナミックなステージが繰り広げられ、今までに体験したことがない世界観にゲストを誘う新しいショーになりそうだ。

また、この「ハンガーステージ」のリニューアルに伴い、開園以来続く人気のミュージカルショー「ミスティックリズム」が、2015年4月5日(日)をもって公演が終了! 長く続いたショーの終焉は寂しいものの、東京ディズニーシー「ハンガーステージ」でしか体験できない、そのスピリットを継ぐ幻想的でダイナミックな新ショーの誕生に期待だ。

【実施概要】
■導入時期:2016年春~夏
■公演時間:約25分予定
■総投資額:未定
※「ハンガーステージ」にて現在公演しているミュージカルショー「ミスティックリズム」は、2015年4月5日(日)をもって公演を終了予定。

(C) Disney ※写真はすべてイメージです。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top