佐藤健、フィリピンの“るろ剣熱”に興奮! 『るろうに剣心』海外配給も続々決定

最新ニュース

大友啓史監督&武井咲&佐藤健&青木崇高/『るろうに剣心 京都大火編』アジアプレミア
  • 大友啓史監督&武井咲&佐藤健&青木崇高/『るろうに剣心 京都大火編』アジアプレミア
  • 佐藤健/『るろうに剣心 京都大火編』アジアプレミア
  • 武井咲&佐藤健&青木崇高&大友啓史監督/『るろうに剣心 京都大火編』アジアプレミア
  • 武井咲/『るろうに剣心 京都大火編』アジアプレミア
  • 青木崇高/『るろうに剣心 京都大火編』アジアプレミア
  • 佐藤健/『るろうに剣心 京都大火編』アジアプレミア
  • 青木崇高&佐藤健&武井咲&大友啓史監督/『るろうに剣心 京都大火編』アジアプレミア
  • 『るろうに剣心 京都大火編』アジアプレミア
『GODZILLA』『思い出のマーニー』『マレフィセント』を抑え、強豪ひしめく夏休みシーズンで初登場堂々1位を獲得し、公開後5日間(8月5日現在)で興行成績が11億を突破するなど記録を伸ばし続けている『るろうに剣心 京都大火編』。8月6日(水)にフィリピンでアジアプレミアが行われ、主演の佐藤健、武井咲、青木崇高、大友啓史監督が参加した。

剣心(佐藤健)の後継者として暗殺稼業の“人斬り”となり、やがて剣心の最大の敵となる志々雄真実(藤原竜也)の日本制圧の野望を阻止するため、再び人斬りになる覚悟を胸に因縁の地・京都へと向かう剣心やヒロイン・薫(武井咲)たちを描く。

フィリピンでは、「SAMURAI X」と親しまれ、剣心、薫、左之助、恵の神谷道場だけでなく、本作で登場する新キャラクターの志々雄、蒼紫、宗次郎のコスプレをしたファンもいるほど。今回のプレミアではレッドカーペットと舞台挨拶が実施され、「KENSHIN!! SAMURAI X!!」と出迎えられた佐藤さんは「想像を遥かに超えたレッドカーペットだった」と話し、武井さんも「こんなにたくさんの人が来てくれるなんて、本当にうれしい」と興奮気味に語った。

青木さん扮する相楽左之助がフィリピンで大人気ということもあり、青木さんの姿が見えると同時に「SANO! SANO!」コール! 青木さんはファンに向かってフィリピン語で「愛してます」と挨拶し会場をわかせた。

大友監督は「すごい映画ができました!」と、本作の完成を報告。佐藤さんは、「みなさんのおかげで今日ここにくることができました。人生をかけて作った映画なので、みなさんにぜひ観てほしいです」とファンにメッセージを贈った。

また、本イベント内でアジア・ヨーロッパなど、世界53の国と地域で配給が決定したことを発表! フィリピン以外の国からも海外配給について多数問い合わせがきており、今後まだまだ増えていくようだ。

『るろうに剣心 京都大火編』は公開中、『伝説の最期編』は9月13日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top