能年玲奈&登坂広臣の“サプライズ”ホームルームに女子中高生熱狂!

最新ニュース

登坂広臣&能年玲奈/『ホットロード』女子中高生試写会
  • 登坂広臣&能年玲奈/『ホットロード』女子中高生試写会
  • 登坂広臣/『ホットロード』女子中高生試写会
  • 能年玲奈&登坂広臣/『ホットロード』女子中高生試写会
  • 能年玲奈/『ホットロード』女子中高生試写会
  • 登坂広臣/『ホットロード』女子中高生試写会
映画『ホットロード』主演の能年玲奈と登坂広臣(三代目 J Soul Brotehrs)が8月6日(水)に東京・江東区の中村中学・高等学校にて開催された本作の試写会にサプライズで登場! “ホットロード(HR)”ならぬ、“愛のHR(ホームルーム)”で女子中高生たちを熱狂させた。

紡木たくの伝説的少女マンガを映画化。母に愛されず、孤独を抱えた少女と命を投げ出すかのようにバイクを走らせる暴走族の青年の切ない純愛を『ソラニン』『陽だまりの彼女』の三木孝浩監督が鮮やかに描き出す。

“学生試写会”と銘打っての夏休み期間中の試写会となったが、上映後にサプライズで能年さんと登坂さんが姿を現すと体育館は悲鳴のような歓声に包まれ、「かわいい!」「カッコイイ!」「ヤバい!」といった声がこだました。

登坂さんが「裏ですごく緊張してました。女子校に来ることがなかなかないので、ワクワクしながらも緊張してまして。でも来れてよかったです」と挨拶すれば、能年さんは女子中高生たちを見渡し「みなさん、制服がすごく素敵です! 私は制服がすごく好きなので目の保養になります。幸せです」とニッコリ。

生徒からの「学生時代に打ち込んだことは?」という質問に、登坂さんは「いっぱいあります。いろんな行事でクラスや友達とひとつのことをやったのは思い出に残ってますね。必死こいてやってました(笑)」と懐かしそうに述懐。能年さんは「中学のとき、バンドを組んでました。(担当は)ギターです」と意外な一面を明かし、体育館は驚きに包まれた。

「将来の夢をどうやって決めたらいいか?」という相談には登坂さんは「慌てなくていい。やりたいことをひとつずつやっていけば本当にやりたいことが見つかる」と自身の経験に沿ってアドバイス。能年さんは「好きなことに貪欲になると良いと思います。頭で考えるよりも飛び込んでみること大事です」とエールを送る。

楽しい高校生活を送るためのアドバイスを求められた登坂さんが、質問した女子高生に「好きな子いるの?」とストレートに問いかけ、体育館が再び悲鳴のような歓声に包まれる一幕も。女子中高生たちは暑いさなかの“特別HR”をたっぷりと満喫したようだった。

『ホットロード』は、8月16日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top