ロビン・ウィリアムズが63歳で死去、自殺か?

最新ニュース

ロビン・ウィリアムズ-(C) Getty Images
  • ロビン・ウィリアムズ-(C) Getty Images
  • ロビン・ウィリアムズ-(C) Getty Images
  • ロビン・ウィリアムズ-(C) Getty Images
  • ロビン・ウィリアムズ-(C) Getty Images
ロビン・ウィリアムズが63歳で他界した。『ミセス・ダウト』などで知られるロビンが11日(現地時間)、カリフォルニア州ティブロンにある自宅で亡くなっているのが発見され、窒息による自殺とみられている。

ロビンの広報担当は以下のような声明文を発表している。「ロビン・ウィリアムズが今朝、他界しました。ロビンは最近、深刻なうつ病に悩まされていました。このニュースは悲劇であり、突然の死です」「遺族はこのつらい時期に故人の死を悼しむ中、プライバシーを尊重していただくよう、お願いしています」。

妻と暮らすロビンは10日の晩に姿を見られたのが最後となっており、翌日の午前11時55分に救急車が要請された直前に遺体で発見されたという。死因を断定するための捜査が進められており、今日にも法医学的検査が行われる予定となっている上、今後毒物検査も実施される予定だ。

カリフォルニア州のマリン郡保安官事務所の広報は「死因と方法、死亡時の状況は捜査官と保安官事務所の検察医によって現在調査中です」「現時点では、保安官事務所の検察医は窒息による自殺を疑っていますが、死因を断定する前に総合的な捜査を完了させる必要があります」と話している。

ロビンは3年間の結婚生活を送った妻スーザン・シュナイダーとザック(31)、ゼルダ(25)、コーディ(23)を残して他界している。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top