生田斗真VS戸田恵梨香の攻防に鈴木亮平も参戦!『予告犯』実写映画化決定

最新ニュース

ゲイツ役の生田斗真/実写版映画『予告編』-(C) 2015映画「予告犯」製作委員会 (C) 筒井哲也/集英社
  • ゲイツ役の生田斗真/実写版映画『予告編』-(C) 2015映画「予告犯」製作委員会 (C) 筒井哲也/集英社
  • 吉野役の戸田恵梨香/実写版映画『予告編』-(C) 2015映画「予告犯」製作委員会 (C) 筒井哲也/集英社
  • 濱田岳&鈴木亮平&荒川良々/実写版映画『予告編』-(C) 2015映画「予告犯」製作委員会 (C) 筒井哲也/集英社
2011年から2013年8月まで「ジャンプ改」にて連載され、高度に情報化されたインターネット社会で巻き起こる戦慄のテロリズムが話題となった筒井哲也原作の「予告犯」を、『白ゆき姫殺人事件』『奇跡のリンゴ』などを手がけた中村義洋監督が実写映画化することが決定。このほど生田斗真と戸田恵梨香が主演を務めることが明らかになった。

ある日、Tシャツ姿に、新聞紙製の頭巾を被った謎の男(生田斗真)がネットに奇妙な動画を投稿し始める。「明日の予告を教えてやる――。」集団食中毒を起こした上に、法律上の不備を指摘し開き直った食品加工会社に対し、「食い物の扱いも知らないこいつらに、俺がきっちり火を通してやる」と予告する。

警視庁サイバー犯罪対策課に所属するキャリア捜査官・吉野絵里香(戸田恵梨香)は近年多発するサイバー犯罪の数々を取り締まっていた。謎の男による犯行予告動画の存在に関する報告を受けた吉野は謎の予告犯=“シンブンシ”の捜査に乗り出す。すると食品加工会社の工場が放火される事件が発生。予告動画が現実のものとなり、その後も予告動画の内容が実行されるという事件が多発する。

“シンブンシ”は吉野をあざ笑うかのように、ネット社会で炎上した無思慮な当事者たちに次々と制裁を下していく。模倣犯も出現、遂には政治家殺害予告にまで至り、“シンブンシ事件”は社会現象へと発展していく…。

物語を動かしていく“シンブンシ”のリーダー格であるゲイツ役を『脳男』『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』など様々な役柄を演じる生田斗真。ネットカフェの一畳半の個室から、新聞紙で作成した頭巾を被り、法では裁かれないネット上での罪を犯した人間たちに制裁を加えるというダークヒーローを演じる。

そんな生田さん扮するゲイツを追うヒロイン、エリート警部・吉野役を『SPEC』シリーズの熱演も記憶に新しい、若手実力派女優・戸田恵梨香が好演する。

生田さんは今回の抜擢について、「単なる犯罪者ではない“シンブンシ”はいままでと違った役柄で自分にとってもいままでにない挑戦です」と語り、「中村監督の作品もたくさん拝見していますが、ぜひ一緒に仕事をさせていただきたいと思っていました。初共演となる戸田さんは、たくさん経験を積まれていて、人を惹きつける魅力がたくさんある女優さんという印象なので、対決するのが楽しみです」と撮影が待ち遠しい様子だ。

戸田さんは「フィクションなのにノンフィクションに思えてしまうこの作品。深い悲しみ、憎しみ、そして少しの希望を持った登場人物たち。その中の一人である吉野を力強く、逞しく演じていきたいと思います」と意気込みを語った。

中村監督は「生田くん、戸田さん始め、キャスティングは粘りに粘って『どうだ!』と自慢したくなる方々が集まってくれました。現場がいまから楽しみです」とコメント。

さらに、覆面姿で出演する生田さんについては「生田くんファンの皆様。生田くんは出番の多くが新聞紙をかぶった覆面姿ですが、顔を出すシーンもちゃんとありますので、この一報出しにガッカリしないで観に来てください」とファンに向けてメッセージも。

また、ネット上で「予告」を繰り返す“シンブンシ”のメンバーとして、ゲイツと共に行動する仲間役には、最旬俳優陣が集結! 大阪出身のガテン系・カンサイ役に、『HK 変態仮面』で注目を集め、現在放送中のNHK連続ドラマ「花子とアン」で吉高由里子の夫役として大ブレイクを遂げた鈴木亮平。宮城県出身でメガネ男子であることからその名がついたノビタ役に、『偉大なる、しゅららぼん』『永遠の0』など話題作への出演が絶えない、演技派俳優・濱田岳。福岡出身で小太り体型であることからメタボの愛称で呼ばれるメタボ役に、俳優界きっての個性派愛されキャラ荒川良々らが決定している。

『予告犯』は2015年夏、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top