「EXILE TRIBE」メンバーが集結! 登坂広臣への応援コメントも『ホットロード』

最新ニュース

「EXILE TRIBE」メンバー/『ホットロード』試写会
  • 「EXILE TRIBE」メンバー/『ホットロード』試写会
  • 「EXILE TRIBE」メンバー/『ホットロード』試写会
  • 『ホットロード』-(C)2014『ホットロード』製作委員会  -(C)紡木たく/集英社
  • 『ホットロード』-(C)2014『ホットロード』製作委員会  -(C)紡木たく/集英社
  • 『ホットロード』-(C)2014『ホットロード』製作委員会  -(C)紡木たく/集英社
  • 『ホットロード』-(C)2014『ホットロード』製作委員会  -(C)紡木たく/集英社
  • 『ホットロード』-(C)2014『ホットロード』製作委員会  -(C)紡木たく/集英社
紡木たくの伝説的少女漫画を、『僕等がいた』『アオハライド』などを手がける三木孝浩監督が実写映画化した『ホットロード』。ヒロイン・和希役を務める能年玲奈の相手役・春山で出演するのは、「三代目J Soul Brothers」のボーカルとして活躍する登坂広臣。今回、登坂さんの映画初出演ということでも話題となった本作で、「EXILE TRIBE」試写会を実施! 集結した10名のメンバーから熱いコメントも届いた。

自分は望まれて生まれてきたわけではない――。悩みと孤独を抱えながら生きる少女・宮市和希(能年玲奈)は、ある日、夜の湘南でバイクに命をかける“Nights(ナイツ)”というチームの少年・春山洋志(登坂広臣)と出会う。互いに自分の居場所を探していた2人は、やがて共鳴し合い、惹かれ合っていく…。

原作の紡木たく自らが脚本を監修し、「能年さんと登坂さんがいたから実写化できると思った」と語るなど映画化に対しての熱い想いが込められている本作。主題歌に「OH MY LITTLE GIRL」、イメージソングに「I LOVE YOU」と尾崎豊屈指の名曲を起用するなど注目を集め続けている。

今回、複雑な家庭環境で育ち、命を顧みない生き方をしている不良少年・春山洋志役を登坂さんが好演していることもあり、「EXILE TRIBE」メンバー10名が集結! 試写鑑賞後、映画初出演となる登坂さんへの応援コメントや、本作への激賞の声など、それぞれ思いのたけを語った。

■NESMITH(EXILE)
「登坂くんがスクリーンに出てきた瞬間はちょっとニヤッとするような恥ずかしい気持ちもしたけど、それも忘れさせるような自然体なお芝居や世界観に引き込まれて、あっという間でした。もっと観ていたいと思う素敵な映画でした。登坂くんは春山先輩にしか見えません! 明日顔を合わせたらドキドキしちゃうかも(笑)。かっこよかったです」


■白濱亜嵐(EXILE、GENERATIONS)
「観終わってもこの世界観から抜け出したくない気持ちになりました。風景とかバイクとかすべてのシーンが素敵でしたし、登坂さんもかっこよかったです!」


■関口メンディー(EXILE、GENERATIONS)
「すごく良かったです。純愛っていいなと改めて思いました。ぐっとくるセリフもあってあたたかい気持ちになりました」


■世界(EXILE)
「率直に感動しました。自分の地元が近いので見慣れた風景も出てきて懐かしい感じもしましたし、不良にちょっと憧れちゃいました!」


■佐藤大樹(EXILE)
「歌ってる姿とはまた違った登坂さんの姿を見せていただいて、とても感動しました。ストイックに努力されたんだろうなとスクリーンから伝わってきて、登坂さんてすごいなと改めて感じました」


■片寄涼太(GENERATIONS)
「すごく期待していたのでハードル120%でしたが、120%を越えて2時間ホットロードの世界観にのめり込みました。恋愛したくなる映画でめちゃくちゃ楽しませていただきました」

「自分も演技にチャレンジさせていただくことがあり、登坂さんとお話させていただく機会があったのですが、普段のおちゃらけて接してくださる部分とはまた違った真面目なお話を聞かせてもらい、そういう登坂さんの素敵な部分がこの素敵な作品に繋がったんだなと思いました。すごくいい背中を見せていただきました!」


■数原龍友(GENERATIONS)
「不良ものの映画が好きで、そういう不良っぽい映画のイメージだったのですが、ピュアなメッセージや命の大切さも感じましたし、心が洗われるような映画でした。登坂さんは忙しい中撮影されていたと聞いていたので、改めて尊敬しました。また観に来たいです」


■小森隼(GENERATIONS)
「主人公と同じ10代として、不器用で伝えたいことを伝えられないもどかしさとか、共感するところも多くあり、自分に置き換えても観ることが出来ました。まわりにいる方の有り難みを改めて感じましたし、愛の伝え方っていろんな形があるんだなと思いました」


■佐野玲於(GENERATIONS)
「純粋でまっすぐで、きれいな風景が和希の心とリンクして印象的でした。春山と登坂さんと通じるところがあるような感じもして、かっこいい人物像だなと思いました」


■中務裕太(GENERATIONS)
「和希と春山の不器用ながらも相手を想う気持ちに感動しましたし、命の大切さや尊さも感じました。普段は登坂さんのボーカリストの姿を見させていただいていますが、今回は俳優としての登坂さんの姿を見て、改めてかっこいいなと思いました。もっと俳優登坂さんも見てみたいです!」

本作で描かれる能年さんと登坂さんが生み出す究極の純愛はもちろん、男同志の友情や仲間との絆にも注目したい。

『ホットロード』は8月16日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top