能年玲奈&登坂広臣ら『ホットロード』キャストが集結!登坂の“生告白”は「50点」?

最新ニュース

能年玲奈&登坂広臣(三代目 J Soul Brotehrs)&木村佳乃&小澤征悦&鈴木亮平&太田莉菜&落合モトキ&竹富聖花&三木孝浩監督/『ホットロード』初日舞台挨拶
  • 能年玲奈&登坂広臣(三代目 J Soul Brotehrs)&木村佳乃&小澤征悦&鈴木亮平&太田莉菜&落合モトキ&竹富聖花&三木孝浩監督/『ホットロード』初日舞台挨拶
  • 能年玲奈&木村佳乃/『ホットロード』初日舞台挨拶
  • 登坂広臣(三代目 J Soul Brotehrs)/『ホットロード』初日舞台挨拶
  • 能年玲奈/『ホットロード』初日舞台挨拶
  • 能年玲奈&木村佳乃/『ホットロード』初日舞台挨拶
  • 鈴木亮平/『ホットロード』初日舞台挨拶
  • 太田莉菜/『ホットロード』初日舞台挨拶
  • 能年玲奈&登坂広臣(三代目 J Soul Brotehrs)&木村佳乃&小澤征悦&鈴木亮平&太田莉菜&落合モトキ&竹富聖花&三木孝浩監督/『ホットロード』初日舞台挨拶
紡木たくの伝説的少女マンガの実写映画化『ホットロード』が8月16日(土)、東京・有楽町の丸の内ピカデリーほかで公開初日を迎え、主演の能年玲奈、登坂広臣(三代目 J Soul Brotehrs)、木村佳乃、小澤征悦、鈴木亮平、太田莉菜、落合モトキ、竹富聖花、三木孝浩監督が舞台挨拶に登壇した。

母の愛を受けずに育った孤独な14歳の少女・宮市和希(能年さん)と、無鉄砲な暴走族の青年・春山洋志(登坂さん)の切ない純愛を描き出した青春ドラマ。舞台挨拶の模様は全国約200スクリーンで同時中継され、鑑賞直後の感想ツイートがリアルタイムでスクリーンに投影された。

キャスト陣は、全国各地から寄せられた質問ツイートに回答。能年さんは、「和希と似ている部分はある?」との質問に「ほとんど正反対かと思ったけど、一生懸命さに共感できたのでそこから広げていければいいなと思った」と役作り。『ソラニン』『陽だまりの彼女』など、瑞々しい恋愛描写に定評のある三木監督は、「能年さんは人をすごく見ている。静かにみんなの動きを見ている瞳に、和希に近しいものがあると思った」と称えた。

劇中でクールな特攻服姿を披露している登坂さんは、「男として気が引き締まり背筋が伸びる感じ。リアルで着ていた方々の気持ちも少し分った気がする」とすっかり不良青年になりきった。

さらに、「春山みたいにストレートな告白をする?」との質問にも、「駆け引きは大嫌いなのでストレートに言う」と断言。すると鈴木さんから「どんな風に?」と無茶ぶりされ、「好きなんだけど付き合ってくれない?」と照れながらも“公開告白”。しかし、春山の名台詞「俺の女にならない?」を期待していた三木監督は、「50点かな」と辛口採点だった。

和希の親友役を演じた竹富さんが、「クリスマスに能年さんからクッキーやチョコレートをプレゼントにもらった」と撮影時の思い出を明かすと、登坂さんも「テンションめっちゃ上がった(笑)。こんなサンタさんいるんだなって嬉しかった」とデレデレ。しかし、「オレたちはもらってない!」とカップル役を演じた鈴木さんと太田さんは不満顔だった。

小澤さんは、和希の母親役・木村さんと初共演にして恋人役を演じ、「学生時代からの知り合いでこの仕事を始める前からの仲。しかも映画みたいに恋人同士」と冗談を飛ばすと、木村さんは「結婚して子どもも2人いるので、やめてもらえませんか(笑)?」と軽く一蹴し、笑いを誘っていた。

国民的大ヒットとなったNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」で大ブレイクした能年さんは、新たな代表作の誕生に「青春がたくさん詰まった映画になったと思う。共鳴して何か響いていたら嬉しい」と客席に語りかけた。

『ホットロード』は8月16日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top