佐藤健、福山雅治への「口だけじゃない」発言を釈明? 共演の喜びと思いを吐露!

最新ニュース

佐藤健/写真集「ALTERNATIVE」発売を記念トークイベント
  • 佐藤健/写真集「ALTERNATIVE」発売を記念トークイベント
  • 佐藤健/写真集「ALTERNATIVE」発売を記念トークイベント
  • 佐藤健/写真集「ALTERNATIVE」発売を記念トークイベント
  • 佐藤健/写真集「ALTERNATIVE」発売を記念トークイベント
  • 佐藤健/写真集「ALTERNATIVE」発売を記念トークイベント
佐藤健が8月19日(火)に行なわれた、約3年ぶりの写真集「ALTERNATIVE」(マガジンハウス刊)の発売記念トークショーに出席。『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』で再共演を果たした事務所の先輩・福山雅治との撮影を改めてふり返った。

写真集は昨夏から約1年、佐藤さんに密着取材する形で撮影され、「一度は訪れてみたかった」という南アフリカでのサバンナや日本でのプライベートの様子、そして『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』の撮影やアクション練習の模様などが収められている。

福山さんと佐藤さんはNHKの大河ドラマ「龍馬伝」で福山さんが坂本龍馬を、佐藤さんは同じ土佐藩出身の“人斬り以蔵”と恐れられた岡田以蔵役を演じて共演しており、この時も本作と同じ大友啓史監督が演出を担当している。

『るろうに剣心』は和月伸宏の人気漫画の実写版で、幕末に“人斬り抜刀斎”と恐れられた緋村剣心が明治の時代に“不殺(ころさず)”を胸に人々を守るために剣をふるう姿を描き、2012年に公開された第1作は30億円の大ヒットを記録した。

その続編『るろうに剣心 京都大火編』は先日公開され初登場1位を記録。この日のトークイベントでも冒頭に興行収入がすでに32億円超に達し、早くも前作を超えたことが発表されると会場は祝福の拍手に包まれた。佐藤さんは「いまのご時世、なかなか30億円は行かない。本当に嬉しいですし、暑い中、みなさんが劇場に足を運んでくださったおかげです」と喜びと感謝の思いを口にした。

その『京都大火編』で福山さんは“謎の男”として最後の最後に登場しており、そこで前編は終了。9月13日(土)公開の完結編『伝説の最期編』へと引き継がれたが、この2部作の前編の唐突な終わり方に佐藤さんは「映画として新しいパターン…(笑)」とごまかしつつ、「ゴメンと思ってるよ! 申し訳ない気持ちはあります」と謝罪。その上で「(前後編)2つで1つと思って作ってるので、1か月ほどの長いCMと思って!」とファンに呼びかけた。

福山さんの出演は、ラジオ番組で佐藤さんが「続編があったら出てください」とお願いし、福山さんが快諾したことで実現したが、佐藤さんは福山さん出演のニュースが報じられた際「口だけじゃなかった!」とその感激をコメントとして発表している。

これについて、福山さんからは「健はオレを口だけだと思ってたのか?」という返答コメントがあったそうで、これには佐藤さんも思わず苦笑いを浮かべる。そして「他にもそういうトーク、いっぱいありますよ。まだ守られていない(福山さんとの)約束が3~4つはあります! (内容は)ここでは言えませんが…」と思わせぶりに語り、集まったファンもその密約(?)の内容に興味津々だった。

先日、福山さんが演じるのは剣心の師匠・比古清十郎であることが発表されたが、佐藤さんは福山さんとの共演を改めて「本当に大変でした。過酷でしたよ。『龍馬伝』でもそうでしたが、こちらが120%でぶつかっても受け止めてくれる方です」と述懐。その激しい内容は『伝説の最期編』で明かされるが、作品についても「早くみなさんに観てほしいです!」と仕上がりに自信をのぞかせていた。

『るろうに剣心 京都大火編』は公開中。『伝説の最期編』は9月13日(土)より公開。

■佐藤健写真集「ALTERNATIVE」
撮影:TOMMY/マガジンハウス編
発売中

■「たけてれDVD vol.1」[初回限定版]
発売元:株式会社アミューズ/販売元:アミューズソフト
アミューズ公式オンラインショップ「アスマート」(www.asmart.jp)にて発売中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top