窪塚洋介“天才科学者”役に! 小西真奈美・主演『風邪』9月公開決定

最新ニュース

天才科学者を演じる、窪塚洋介/『風邪(ふうじゃ)』-(C) 2013 『風邪』 製作委員会
  • 天才科学者を演じる、窪塚洋介/『風邪(ふうじゃ)』-(C) 2013 『風邪』 製作委員会
  • 『風邪(ふうじゃ)』-(C) 2013 『風邪』 製作委員会
  • 『風邪(ふうじゃ)』-(C) 2013 『風邪』 製作委員会
小西真奈美を主演に、極秘裏に開発された特効薬をめぐる壮絶な利権争いに巻き込まれていく一人の女性を描いたウイルスハザード・サスペンス映画『風邪(ふうじゃ)』が、9月27日(土)に公開することが明らかとなった。

地球上に存在する200種類にも及ぶ風邪ウイルス。もし、その特効薬が開発されれば世界を揺るがす大発明になるという。そんな中、ひとりの天才科学者・紀久生がその奇跡の特効薬“風邪(ふうじゃ)ワクチン”の開発に成功した。

しかし、彼の頭の中にしかない化学式を手に入れようと、彼の頭脳に嫉妬する狂気の医師・一ノ瀬、風邪ワクチンの技術を盗もうと暗躍するある秘密組織の幹部・道元とその右腕・寺子田たちは、それぞれの目的のため手段を選ばず狙っていた。そして、更に紀久生に近づく謎の女・桜子。実は彼女も紀久生に近づかなければいけない秘密があった。それぞれの思惑が絡み合い、事態は思わぬ方向へ…。

主人公の桜子役には映画やドラマなどで幅広く活躍中の小西真奈美が、スナックのママであり、一児の母、そしてある組織のスパイという複数の顔を持つ謎の女性という難役を熱演している。

そして、奇跡の特効薬“風邪ワクチン”を作り出した天才科学者・紀久生を、『TOKYO TRIBE』の公開を控える窪塚洋介が演じる。

このほか、柄本明、秋吉久美子、クリス・ペプラー、アジアを拠点に俳優として活躍している和田哲史らが脇を固め、主題歌は八代亜紀が担当している。

監督・脚本には『アキラ』『スケバン刑事』を始め数々の作品を手がけてきた橋本以蔵、撮影監督は『踊る大捜査線』『蛇にピアス』などの大作に携わってきた藤石修が務めるなど、スタッフ陣も実力派が揃い、キャスト・スタッフがどんな化学反応を起こしてくれるのか?

『風邪』は9月27日(土)よりシネマート六本木ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top