キーラ・ナイトレイ、失恋した勢いで歌手デビュー!? 『はじまりのうた』公開決定

最新ニュース

『はじまりのうた』(c)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『はじまりのうた』(c)2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED
  • キーラ・ナイトレイ-(C) Getty Images
  • マーク・ラファロ-(C) Getty Images
キーラ・ナイトレイが、人気ミュージシャンの恋人と別れた傷心のシンガーソングライターを演じ、美声を披露していることも話題となり、全米で口コミから拡大公開となる大ヒットとなった『BEGIN AGAIN』(原題)が、『はじまりのうた』として来る2015年2月に日本公開されることが決定。併せて、ティザービジュアルが解禁となった。

ミュージシャンの彼(「マルーン5」アダム・レヴィーン)に裏切られ、バーで歌う失意の主人公グレタ(キーラ・ナイトレイ)。偶然その場に居合わせた、落ちぶれた音楽プロデューサー、ダン・マリガン(マーク・ラファロ)と出会い、デビューの話が持ち上がる。だが、録音スタジオは、なんとニューヨークの街角。2人は予想外の展開から、思いもよらぬ最高の瞬間を手に入れることに――。

音楽の中心地ニューヨークを舞台に、音楽がつなぐ予想外の出会いと、最高の“はじまり”の物語を描く本作。6月末に全米5館で限定公開されてからというもの、同時期公開の超大作『トランスフォーマー/ロストエイジ』を抜いて、スクリーン・アベレージ第1位を獲得。その後、じわじわと口コミで館数を増やし1,300館以上まで拡大、3週目にはサマーシーズンの並み居る大作の中で全米9位まで上昇する大ヒットに。

「今年最高の“フィール・グッド・ムビ―”」(atomictown.com)「こんなに幸せな気分を味わった映画は久しぶりだ」(The Aisle Seat)など、全米のメディアからも大絶賛を受けている。

主演のグレタ役には、『プライドと偏見』('05)で史上3番目の若さでアカデミー「主演女優賞」に、『つぐない』('07)でゴールデングローブ賞「主演女優賞」にノミネートされ、超大作『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのヒロイン役で名実ともにトップスターの地位を確立したキーラ・ナイトレイ。

そして、彼女の才能を見出す、落ち目のレコード会社重役ダンには、『アベンジャーズ』のハルク役など、さまざまな話題作へ出演し、アカデミー賞助演男優賞にノミネート経験もある名俳優マーク・ラファロ。

さらに、グレタの元・恋人役には、全世界アルバム・トータルセールス1,700万枚以上を誇り、グラミー賞を3度受賞の「マルーン5」のリーダー、アダム・レヴィーンが、なんとノーギャラの出演でスクリーンデビュー。アダムといえば、米「ピープル」誌が選ぶ「世界一セクシーな男」にも選出された音楽界随一のモテ男でもあり、キーラを傷心させる役どころはまさにハマリ役? また、本作では、キーラがギター1本で初披露する歌も見どころのひとつとなっているが、彼女の歌唱力にはアダムも太鼓判を押している。

監督、脚本を務めるのは、本作と同様に、わずか2館の公開から口コミで140館まで拡大する異例の大ヒットとなり、日本でもスマッシュヒットとなった『ONCE ダブリンの街角で』('06)のジョン・カーニー。『ONCEダブリンの街角で』はサンダンス映画祭で話題をさらったほか、サウンドトラックはグラミー賞にノミネートされ、主題歌「Falling Slowly」(主演のグレン・ハンサード&マルケタ・イルグロヴァによる作曲・歌唱)はその年のアカデミー賞「オリジナル歌曲賞」を受賞。同作は舞台版でもトニー賞の「ミュージカル賞」を獲得している。

邦題決定にあわせて解禁となったティザービジュアルは、キーラとマークの間に置かれたギターケースに載せた「ニューヨークの空の下、歌と出会って、明日が見えた。」というキャッチコピーが印象的。本作の世界観をさらに期待させるビジュアルとなっている。

『はじまりのうた』は2015年2月、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top