ナオト・インティライミ、映画に初出演! “婚活男”で堤真一と共演

最新ニュース

堤真一&尾野真千子&玉木宏&ナオト・インティライミ/『神様はバリにいる』 (C)2014「神様はバリにいる」フィルムパートナーズ
  • 堤真一&尾野真千子&玉木宏&ナオト・インティライミ/『神様はバリにいる』 (C)2014「神様はバリにいる」フィルムパートナーズ
堤真一がバリ島を舞台に、コテコテの関西弁の主人公・“アニキ”を演じる映画『神様はバリにいる』が、2015年新春に全国公開されることが決定。尾野真千子、玉木宏のほか、映画初出演となるナオト・インティライミも顔を揃え、豪華競演を果たしていることが明らかとなった。

“婚活”ビジネスに失敗し、借金を背負った元起業家の祥子(尾野真千子)は、失意の中、訪れたバリ島で自称“爽やか”で謎めいた日本人の大富豪・アニキ(堤真一)と出会う。見るからに胡散臭そうな風貌のアニキだが、なぜかバリ島のお年寄りから子どもまで様々な人たちから慕われていた。人生をやり直したい祥子は、藁をもつかむ思いで、そんなアニキから“破天荒”な人生哲学を学ぶことに――。

本作は、バリ島で暮らす“いま”を変えたい人々が人生を変えていく、実話から生まれた物語。サクセスハウツー本として大ヒットした「出稼げば大富豪」(KKロングセラーズ刊)を原案に、玉木さん主演の『幕末高校生』や松山ケンイチに大変身をさせた『デトロイト・メタル・シティ』などで知られる李闘士男監督がメガホンを取った。

人情味あふれる主人公のアニキを、怪しくもチャーミングに演じるのは堤さん。また、婚活ビジネスに失敗し、成功の秘訣をマスターするためにアニキのもとで修業する祥子に尾野さん、アニキを尊敬する謎めいた眼科医リュウ役に玉木さん。さらに、祥子が倒産させた会社で“婚活”していた杉田には、シンガーのナオト・インティライミさんが、それこそ“爽やか”という言葉がぴったりの風貌で映画初出演を果たしている。

「失敗した時こそ、笑え」、「感謝の達人になれ」といった、経験値に基づいたリアルな人生哲学を口にする “アニキ”役の堤さんは、「日々忙しい日本人が忘れがちな、“どんな些細な事にも意味があり何事にも感謝を示す”という、古き良き日本にも似たバリ島の教えがこの脚本にはあり、作品を通して伝えられたらいいなと思います」とコメント。

「バリ島ならではの撮影時の空気を、お客さんに感じてもらえると嬉しいです」と、神々が宿ると言われるバリ島だからこそ響く、本作のメッセージに言及した。

また、初めて演技を体験したナオト・インティライミさんは、「自分にとって初めての、“お芝居”という新しい世界。こんなにも難しく、こんなにも奥深い、でも、とんでもなく刺激的でスリリング。その魅力に、その快感にとりつかれてしまったようであります。これからもいろんな役に挑戦していきたいと思います」と語り、演じることにすっかり魅せられた様子。

実力派・堤さんとの共演には「ものすごい緊張感と並々ならぬプレッシャーがありましたが、お会いした初日から“いじって”いただき、ほんとに助かりました」と、関西出身の堤さんらしい“掴み”に肩の力を抜いて臨むことができたようだ。

破天荒なアニキのもとに集まる「人生を変えたい」人々の行く末は、新春早々にぴったりの“開運”エンターテイメントとなりそうだ。

『神様はバリにいる』は2015年新春、新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top