「星の王子さま」が『カンフー・パンダ』監督で初アニメ映画化!

映画

2015年冬公開『リトルプリンス 星の王子さまと私』
  • 2015年冬公開『リトルプリンス 星の王子さまと私』
1943年に出版されてから、270以上の言語に翻訳され、全世界で1億4500万部以上を売り上げている、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの名作小説「星の王子さま」。このほど、『カンフー・パンダ』のマーク・オズボーン監督を始めとする一流のスタッフのもと、『リトルプリンス 星の王子さまと私』としてアニメーション映画化されることが決定。2015年冬に日本公開されることになった。

本作のメガホンをとることになったオズボーン監督は、「このプロジェクトについて初めて打診されたとき、僕は興奮したと同時に心配になった。あれほどまでに詩的な名作を、損なうことなくどうやって映画化できる? あのストーリーの長編アニメ映画化なんて、不可能なことに思えたんだ」と、その瞬間をふり返る。

「でも最終的に気づいた。これは一生に一度のチャンスだとね。そして、このチャンスはとても拒むことができない贈り物だった。僕はじっくり考えた結果、映画化するうえでの鍵は、その本を巡って展開される、より壮大なストーリー……原作の世界観を忠実に描きつつ、そこを核にして大きく展開されるストーリーを描くことだと気づいた」と語った。

目下、オズボーン監督は自身の言葉どおり、多彩な解釈の余地を残す不朽の名作の魅力を損なうことなく、世界中の老若男女に向けてアピールする映画を目指し、本作の制作を続けているという

また、このプロジェクトのため集められたアーティストたちも豪華。キャラクターデザインには『アイス・エイジ』『ファインディング・ニモ』などで知られるピーター・デ・セヴ、美術は『カールじいさんの空飛ぶ家』などピクサー作品を手がけたルー・ロマーノ、ストーリー主任は『長ぐつをはいたネコ』などのボブ・パーシケッティ、アニメーション監修は『レミーのおいしいレストラン』『ウォーリー』のジェイソン・ブース、キャラクター監修は『塔の上のラプンツェル』『シュガー・ラッシュ』を手がけた日本人スタッフ、四角英孝が務めている。

さらに、英語版の声には、ジェフ・ブリッジス、ジェームズ・フランコ、マリオン・コティヤール、ベニチオ・デル・トロといった、オスカー受賞者&ノミネートばかりのハリウッド最高峰のキャスティングが実現。日本語版においても、同様に豪華俳優陣のキャスティングが期待できそうだ。

『リトルプリンス 星の王子さまと私』は2015年冬、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top