大沢たかおのマイペースっぷりに常盤貴子も困惑 マイナス2度でも「ビーサン&短パン」

最新ニュース

大沢たかお&常盤貴子/スペシャルドラマ「東京にオリンピックを呼んだ男」
  • 大沢たかお&常盤貴子/スペシャルドラマ「東京にオリンピックを呼んだ男」
  • 大沢たかお&常盤貴子/スペシャルドラマ「東京にオリンピックを呼んだ男」
1964年に開催された「東京オリンピック」からちょうど50年目となる今年の10月11日(土)に、フジテレビにてスペシャルドラマ「東京にオリンピックを呼んだ男」が放送されることが決定。さらに主演には大沢たかお、その妻役で常盤貴子が出演することも明らかとなった。

東京にオリンピックを招致するために奔走した男たちの知られざる真実を描いた本作。主人公は、アメリカ・ロサンゼルスで青果店を経営していた日系アメリカ人のフレッド和田勇(大沢たかお)。終戦後、その商才から店を10店舗構えるほどの成功を収め、妻・和田正子(常盤貴子)、長女・グレース・美弥子(小野ゆりこ)、長男・ジュニア・時雄(浅利陽介)、次女・マリー・まり子(広瀬すず)と大きな一軒家に住み、豊かな暮らしを送っていた。

ある日、和田は新聞記事の中で「全米水泳選手権出場のため、渡米してくる日本人選手の世話をしてくれる日系人を探している」という記事を目にし、自ら申し出る。数か月後、やって来たのは、日本水泳チーム監督の清川(光石研)を始め、“フジヤマのトビウオ”と呼ばれた選手・橋爪(勝地涼)、古橋(中尾明慶)たちだった。大会では、敗戦国である日本への風当たりは強かった。しかし日本水泳チームは、世界記録を次々と打ち破り、9種目で世界新記録を樹立して日本中に明るいニュースをもたらした。

その数年後、日本に招待された和田夫婦のもとに、日本水泳連盟会長・JOC総務主事の田畑政治(西田敏行)から、何らかの形で和田に東京オリンピック招致へ協力してほしいという連絡が入るのだが――。

本作では当時を忠実に再現するため、東京近郊での撮影だけではなく、最低気温が-2度という厳しい雪の中、約10日間に及ぶニュージーランドでのロケも敢行された。現地では、実際に使われている列車を使用したりと、大規模なロケが行われたそうだ。

大沢さんは「僕は、ビーチサンダルと短パンで行ってしまって、好奇な目で見られました(笑)」と冗談交じりに撮影当時をふり返る。

大沢さんとの久々の共演に、妻役を演じた常盤さんは「久しぶりにご一緒したのですが、マイペース度合いが増しておられて(笑)。私も気を使う必要がなく、とても自由で楽しい日々でした」とコメントを寄せている。

和気藹々とした撮影だったようだが、大沢さんに本作への想いについて聞いてみると真摯なコメントも。「和田さんは亡くなられているので、想像で芝居をするしかなかったのですが、“過去にこういう人がいました”ということではなくて、50年前にも今と同じように努力した一般の人が居たということを描くことによって、見てくれる方が“次の2020年の東京オリンピックをどう迎え入れればいいのか?”ということを考えられたり、“オリンピック招致の裏側”を垣間見たりできればいいなと思います。過去のものというよりも未来につながる作品にすることが、和田さんに対して自分ができる精一杯のことかなと思います」。

1964年の東京オリンピックから50年。2020年の東京オリンピックへの熱気も高まり続ける中、果たしてどんなドラマを魅せてくれるのだろうか?

フジテレビ開局55周年記念スペシャルドラマ「東京にオリンピックを呼んだ男」は、10月11日(土)21時00分~23時55分、フジテレビにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top