『開運!なんでも鑑定団』邪魔物扱いしていた宝が…17世紀フランドル派を代表する傑作だった!?

最新ニュース

9月2日(火)放送の『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系列)は、友人から価値もわからず受け継いだお宝が登場。保管費用が家計を苦しめ、邪魔物扱いしていたが、何と17世紀フランドル派を代表する画家の傑作だった!?

依頼人が友人から譲り受けたお宝は、家に置いておけないほどの巨大な絵画。毎月、保管費用が1万円以上かかるので、価値あるものなら売って処分したいと思っているという。作者は、世界の名だたる美術館に展示され、また、あのルーベンスも一目置いていたという17世紀フランドル派を代表する画家だというが、果たして鑑定結果は……?

■『開運!なんでも鑑定団』
2014年9月2日(火)20:54~21:54(テレビ東京系列)

【司会】石坂浩二、今田耕司
【進行アシスタント】吉田真由子
【ゲスト】大塚範一
【出張リポーター】松尾伴内
【ナレーター】銀河万丈、冨永みーな
《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top