武井咲『るろうに剣心』完結編を鑑賞し、感動と観客の反応にウルウル!

最新ニュース

客席に向け感謝の一礼を贈る、佐藤健&武井咲&青木崇高&大友啓史(監督)/『るろうに剣心 伝説の最期編』最速上映会
  • 客席に向け感謝の一礼を贈る、佐藤健&武井咲&青木崇高&大友啓史(監督)/『るろうに剣心 伝説の最期編』最速上映会
  • 佐藤健/『るろうに剣心 伝説の最期編』最速上映会
  • 武井咲/『るろうに剣心 伝説の最期編』最速上映会
  • 青木崇高/『るろうに剣心 伝説の最期編』最速上映会
  • もみくちゃにされる、佐藤健&武井咲&青木崇高/『るろうに剣心 伝説の最期編』最速上映会
  • 佐藤健&武井咲&青木崇高&大友啓史(監督)/『るろうに剣心 伝説の最期編』最速上映会
  • 佐藤健&武井咲&青木崇高&大友啓史(監督)/『るろうに剣心 伝説の最期編』最速上映会
  • 青木崇高/『るろうに剣心 伝説の最期編』最速上映会
映画『るろうに剣心 伝説の最期編』の最速上映会が9月3日(水)に開催され、観客と共に映画を鑑賞した佐藤健、武井咲、青木崇高、大友啓史監督がそのまま舞台挨拶に登壇。満員の観客のスタンディングオベーションに応えた。

2012年公開の『るろうに剣心』の続編で、公開中の『るろうに剣心 京都大火編』と併せた2部作として連続公開となる本作。ギリギリまで大友監督により手直しを加えられ、5日前にようやく完成したとのことで、この日の上映が文字通り、観客の目に触れた最初の機会となった。

佐藤さんらは観客と一緒に鑑賞したが、終了直後に観客は総立ち。拍手が鳴りやまず、4人はもみくちゃにされながら通路を進み壇上に上がった。

佐藤さんは「本当にありがとうございます」と深々と頭を下げ、「思いも寄らぬ展開ですが、この中で僕が一番、感動していると思います。ここにいるみなさんと飲みに行って、一人一人の顔を見て話をしたいくらいの気持ちです」と興奮した面持ちで語った。

本作を初めて鑑賞した武井さんは、感動のあまりなかなか言葉が出てこないよう。「なんて言うか…すごかったんです。私、ビックリしちゃった! 撮影では、(剣心と志々雄の)戦いを見てないので、(佐藤さんに)よく無事で…。なぜここまで戦うのだろう? と思っていたところがあったんですが、最後まで見届けると、ものすごい感情があって…。気持ちいい映画でした」と語り、瞳を潤ませていた。

青木さんも雄叫びをあげつつ、ファンからの温かい拍手と歓声に、何度も手で目元をぬぐう。「いままで、この仕事をしていて、エンドクレジットが上がっていくのを見て、ここまで感慨深い気持ちになったのは初めてです」と語り、関わったスタッフや関係者への感謝の思いを口にした。

普段、冷静な大友監督も観客の反応に大いに心動かされたようで「達成した気分です」と興奮冷めやらぬ表情で語っていた。

また、舞台挨拶の最後には登壇陣にはサプライズで、原作者の漫画家・和月伸宏からのメッセージも到着。「見事に質も実もあるエンタテイメントに仕上げたみなさまに感謝」「自信を持っておススメできる」と絶賛の言葉が並び、これには佐藤さんも「嬉しいです」と満面の笑み。「剣心を生んでいただいて感謝してます」と改めて和月さんへの感謝を口にした。

そして最後に佐藤さんは「みなさんの顔が見れて、声を聞けて、いまが一番嬉しいです。この仕事をしていてよかったと思ってます」と万感の思いを吐露。登壇陣が立ち去る最後の瞬間まで、熱い拍手と歓声が鳴りやむことはなかった。

『るろうに剣心 京都大火編』は公開中

『るろうに剣心 伝説の最期編:は9月13日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top