【特別映像】トトロがモデル!? 『ベイマックス』“フワぷに”の登場シーン解禁

映画

『ベイマックス』 -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』 -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』 -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』前売り特典 -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』 -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』 -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 架空都市“サンフランソウキョウ”に佇むベイマックス/『ベイマックス』 -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
  • 『ベイマックス』ティザーポスター -(C) 2014 Disney. All Rights Reserved.
最愛の人を亡くしたひとりぼっちの少年・ヒロと、人々の心とカラダを守るために作られたケア・ロボットとの感動アドベンチャーを描く、ディズニー・アニメーションの最新作『ベイマックス』。このほど、予告編以外では初めてとなる本編のワンシーンの映像が解禁。併せて、本作の監督から、ベイマックスのキャラクター造型には『となりのトトロ』が関係しているという製作秘話も明らかとなった。

幼いころに両親を亡くし、唯一にして最愛の存在であった兄・タダシまでも謎の事故で亡くしてしまった少年ヒロ。悲しみにくれるヒロの前に現れたのが、タダシが残してくれたケア・ロボット“ベイマックス”だった…。

今回公開された本編映像は、大きすぎる心の傷を負い、深く心を閉ざしてしまったヒロが自分の部屋に籠もっていると、タダシが残したベイマックスが起動し、ヒロに話しかけにいくという場面だ。



ベイマックスとは、生前のタダシが考案し、世界中の人々の心とカラダを守るために作成したケア・ロボット。部屋の中で足をぶつけたヒロが思わず声を上げると、突然、空気で膨らんだ“フワフワ&ぷにぷに”の体を持つベイマックスが現れる。

それは、ケア・ロボットであるベイマックスが “痛み”でヒロが発した声に反応したから。彼には、“傷ついた人を守るプログラム”がなされていたのだ。「こんにちは。私はベイマックス」という挨拶も早々に、「10段階だとその痛みはどのくらいですか?」と早速、内蔵されたペインスケール(痛みの物差し)からヒロのケアをしようとするベイマックス。

「ゼロかな。大丈夫だからほっといてくれない?」と迷惑そうにあしらうヒロに、「泣いてもいいんですよ」「痛みに対する自然な反応です」と言葉をかけるベイマックスは、さらに、悲しみを抱えた彼の心の不安定さまで見抜いてしまう。

街やキャラクターのデザイン面など日本から多くのインスピレーションを得ている本作だが、そんなベイマックスの“優しすぎる”優しさもまた、日本の影響があるという。本作の監督のひとり、クリス・ウィリアムズは「僕らは若いころに日本文化の影響を受けた最初の世代だと思うんだ」と言う。

「本作でいうと、『となりのトトロ』のキャラクターの関係性がインスピレーションを受けた部分があると思うよ。彼らの人間関係は、とても優しくて、とてもシンプルで、本当に素晴らしかった。僕らの映画も、優しいエモーショナルが核になっているしね」と明かすウィリアムズ監督。

さらに、「若い頃に本当に(日本は)とても影響力の強いものだったし、いまも影響を受け続けていると思う。そしていま、僕らは素晴らしい映画やキャラクターを生み出すことができる。それで少しでも日本のみなさんが楽しんでくれて、お返しができればいいなと思うよ」と語り、ベイマックスに秘められた優しさの秘密に触れた。

なお、この特別映像は、そんなベイマックスそのものの<特製フワぷにストラップ>が付く前売鑑賞券/ムビチケカード(特典は数量限定)が、9月13日(土)より発売開始されることに伴って解禁されたもの。このストラップの写真を“可愛く”撮って、ハッシュタグ「#ベイマックスとあそぼ」を付けてツイートすると、抽選で本作のオリジナルグッズなどがもらえるのだとか。

悲しみを抱えたヒロが、つい拒絶してしまう姿と、優しいけど、ちょっぴりとぼけた雰囲気のベイマックスが一生懸命ケアをしようとする姿に、笑わされながらもジンと胸が熱くなってくるこの映像。ディズニー映画史上最も“不釣り合いな”この2人組が、どんな物語を繰り広げるのか、ますます楽しみだ。

『ベイマックス』は12月20日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top