松山ケンイチが故・森田芳光監督に捧ぐ…『の・ようなもの』後日談を映画化!

映画

松山ケンイチ&故・森田芳光監督/映画『の・ようなもの のようなもの』(仮題)
  • 松山ケンイチ&故・森田芳光監督/映画『の・ようなもの のようなもの』(仮題)
多くの映画人、映画ファンに惜しまれながら2011年12月に急逝した森田芳光監督。そんな森田監督の死から2年半が経った――彼を慕う旧知のスタッフとキャストが、主演に松山ケンイチを迎え、森田監督デビュー作『の・ようなもの』('81)のその後を描くオリジナル作品『の・ようなもの のようなもの』(仮題)が製作されることが明らかとなった。

本作の舞台は、現代の東京の下町。落語家一門の出船亭に入門した志ん田(しんでん/演:松山ケンイチ)は、師匠の志ん米(しんこめ/演:尾藤イサオ)に頼まれ、以前この一門に在籍していた志ん魚(しんとと/伊藤克信)を探し出す羽目になる。

実はこの一門を財政的に支えてきたスポンサーの女会長は、クリクリした目玉が大好きという理由で志ん魚を贔屓にしており、志ん米師匠は彼女のご機嫌を取るため、志ん魚をもう一度高座に引っ張りだそうという考えだ。志ん魚を探し回る志ん田。師匠の弟弟子の志ん水(しんすい/演:でんでん)や、昔の門下生たちを訪ね、手がかりを集めようとするが、まったく上手くいかず――。

東京・下町を舞台に落語家“のようなもの”二ツ目(真打になる前のタマゴ)の青春を軽妙なタッチで綴る本作。主演には、森田監督の遺作『僕達急行 A列車で行こう』('12)でも主役を演じた、松山ケンイチ。

今回の抜擢を受け、松山さんからは「『の・ようなもの のようなもの』の世界に自分が入る事がとても不思議で同時に光栄にも思います。今回の殆どの出演者が森田作品経験者なので、その中で仕事が出来る事もとても喜ばしく思っております。きをてらわず人間そのもののおかしさが出せたらなと思っています。とにかく真っすぐに役と向き合おうと思います。落語に出会えたのもこの作品のおかげです。落語も存分に楽しみたいと思います」とコメントが寄せられている。

メガホンを握るのは、『の・ようなもの』から森田作品の助監督・監督補を多数く務めた杉山泰一が映画監督デビューを飾る。さらに、『の・ようなもの』に出演していた伊藤克信、尾藤イサオ、でんでんも、同じ役柄で登場するほか、森田組に縁のあるキャストの出演も予定されているとのこと。果たして、どんな作品が完成するのだろうか?

『の・ようなもの のようなもの』(仮題)は2015年、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top