【ディズニー】休日には3時間待ちも! リニューアル「ジャングルクルーズ」が大人気

最新ニュース

ノリノリの船長&那海/リニューアルした「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」
  • ノリノリの船長&那海/リニューアルした「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」
  • ノリノリの船長&那海/リニューアルした「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」
  • ノリノリの船長&那海/リニューアルした「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」
  • ノリノリの船長&那海/リニューアルした「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」
  • ノリノリの船長&那海/リニューアルした「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」
  • ノリノリの船長&朝倉みかん/リニューアルした「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」
  • ノリノリの船長&那海/リニューアルした「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」
  • 那海/リニューアルした「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」
10月31日(金)までの54日間、秋の定番スペシャルイベント、「ディズニー・ハロウィーン」を盛大に開催中の東京ディズニーリゾートでは、それと同時に9月8日(月)にリニューアルした、「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」も大人気!

同アトラクションは「ディズニー・ファストパス」システム対象外なため、休日にもなれば3時間待ちの長蛇の列になることも。シネマカフェは、ディズニーの大ファンという女優・那海と共に正式オープン前に同アトラクションに試乗。総額16億円の巨費を投じた新生「ジャングルクルーズ」の魅力をご紹介!

■ 「ジャングルクルーズ」名物、あの陽気な船長の軽快トークが戻ってきた! ■

東京ディズニーランドを象徴するアトラクションは何種類もあるが、開園以来誰もに愛され、一度はライドしたことがあるだろうアトラクションが「ジャングルクルーズ」だろう。そのたくさんある特色のなかで最大の人気は、ジャングルを案内する船長の軽快なトークだったが、それはリニューアル版「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」でも健在! というより、パワーアップしてゲストをジャングルの密林地帯へ誘ってくれる。

ジャングルをこよなく愛する陽気で勇敢な船長が操縦するボートに乗って、野生動物が生息するジャングルをクルーズする冒険の途中には、船長が音頭を取って掛け声に手拍子と“ワイルドライフ”な演出の数々が! ゴリラやカバ、巨大なヘビにゾウなど、野生動物たちも元気に大復活している。船長のトークは軽妙でとても楽しいが、“大事な情報を話している”時があるので、よく集中して乗船することがベター。TVCMでも船長をフィーチャーした映像が放映されているが、カッコよくて楽しい船長たちの存在なしに「ジャングルクルーズ」は語れない! ということなのでしょう。

■ 神秘的でスリリングなナイトクルーズに驚愕! 後半の伝説の神殿は…!? ■

「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」の入り口の看板にも書いてあるのだが、リニューアル版「ジャングルクルーズ」の最大のポイントは、デイクルーズだけでなく、ナイトクルーズも航行するということ!

しかも、ただ夜にボートが出るだけじゃなく、夜間クルーズはジャングルの様子が一変! まずは木々にいる無数のホタルがジャングルの密林地帯を探検するゲストを出迎え、昼間は優しそうな雰囲気の無数の野生動物たちも眼光が鋭く光ってゲストを狙うなど、神秘的でスリリングな雰囲気に様変わり。

デイもナイトもリニューアルの前後で変わったポイントが少なくないので、何度もボートに乗って違いを確かめてみるとより楽しめるはず! デイ&ナイトをクルーズして初めて、「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」に乗った! ということが言えるのだ。

また、これはデイクルーズも同様だが、クルーズの後半に探検する、ジャングルを守る動物たちの守り神を祀っている“伝説の神殿”では想像以上の出来事が!? 詳しい説明はネタバレになるので、後は各自の目でその衝撃を確かめてみて!

■ ライド待ち時間のプレショーエリアもお楽しみ! 隠れミッキーにも注目 ■

前述のナイトクルーズと同レベルでリニューアルしたポイントは、探検ボートに乗る前のエリア、プレショーエリアも大幅にリニューアルしたということ! すなわち、ライドを待っている間のスペースが、以前のバージョンに比べて相当リニューアルしたというわけだ。

船長たちのオフィスや休憩所になっているプレショーエリアには、船長同士の連絡ノート(航行日誌など)や、ゲストが船長に宛てた手紙(日本語の手紙も!)、やりかけのチェスや果物まで置いてあり、ライドを待っている間に船長たちの存在を身近に感じるので、やがて来たる探検の時間に向けてテンションが上がること間違いなし!そうそう、おなじみの“隠れミッキー”があるという情報も!

また、ある場所で目を凝らしてよく探してみると、“インディ・ジョーンズ博士が…”という文字も記してあって、これは東京ディズニーシーの一部の世界観がリンクしているということを意味しているようだ。休日には3時間待ちを記録する大人気な「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」を、「ディズニー・ハロウィーン」と合わせて要チェック!

※写真はすべてイメージです。
(C) Disney
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top