新アニメ「まじっく快斗1412」スタート!山口勝平に、宮野真守など新キャストのコメント到着

最新ニュース

山口勝平「怪盗キッドはハードルが高い役」新アニメ『まじっく快斗1412』スタート、「名探偵コナン」とコラボ企画も
  • 山口勝平「怪盗キッドはハードルが高い役」新アニメ『まじっく快斗1412』スタート、「名探偵コナン」とコラボ企画も
10月4日の土曜夕方5時30分から、連続テレビアニメ『まじっく快斗1412』(読売テレビ・日本テレビ系)の放送がスタートする。「名探偵コナン」で知られる青山剛昌による人気漫画「まじっく快斗」が原作で、主人公・怪盗キッド(=黒羽快斗)は、「名探偵コナン」にも変幻自在・神出鬼没の怪盗として登場する人気キャラクター。2010年4月から2012年12月までテレビアニメ「名探偵コナン」の枠で特別編として計12回放送され、レギュラーの放送に匹敵する視聴率を記録し、今回、満を持して連続テレビアニメとして帰ってくる。

本作の主人公は、マジック好きの高校生、黒羽快斗(くろばかいと)。父は天才マジシャンだったが、世界的な大泥棒「怪盗キッド」という裏の顔も持っていた。その父はマジック中の事故で他界。快斗はひょんな事から父の裏の顔を知り、事故死ではなく何者かに殺害されたのではないかという疑惑を抱く。そして、快斗が父の死の真相を探るべく跡を継いで「怪盗キッド」になるところから物語が始まる。快斗と幼馴染みでもある同級生の中森青子(なかもりあおこ)、その父でキッド逮捕に命を懸ける中森警部らを中心に繰り広げられる明るく痛快なストーリーと、父親の死の真相という謎解き要素の対比が本作の特徴の1つとある。

4日に、本作のアフレコ収録が都内スタジオで行われ、「名探偵コナン」特別編から引き続き快斗役を演じる山口勝平、青子役のM・A・O、二人の同級生・小泉紅子(こいずみあかこ)役の喜多村英梨、キッドのライバルとなる高校生探偵・白馬探(はくばさぐる)役の宮野真守が取材会を行った。

山口は、「(快斗・キッド役とは)長い付き合いですけど、こういう形でじっくり作品と向き合えるのは嬉しいですが、同時にプレッシャーもあります。(「名探偵コナン」で演じている)工藤新一もそうですが、出てくる間隔が空くと、ファンの皆さんの中でイメージがどんどん膨らんでいくと思うので、ハードルは高いですよね。でも……やっぱり嬉しいです!」と、緊張感と喜びの入り混じった心情を吐露。「原作が始まった時は生まれていなかった」と語ったM・A・Oは、「すごい先輩方と一緒で緊張しますが、収録に入ると楽しいし、終わった後に皆で飲みに行った時は色々なお話を聞けて、勉強させてもらっています。様々な世代の方が見ている時間帯のアニメでヒロイン役ということでプレッシャーもありますが、自分の代表作と言えるように頑張っていきたいです」と意気込んだ。

喜多村も「私はコナン世代ですけど、中でもキッドはすごく魅力的でした。そのキッドが主人公の作品で、彼を取り巻く人物を演じることができるのはとても嬉しいです。頑張ります!」と気合いを入れると、宮野は「僕は昔、原作を読んでいたので、あの頃の甘酸っぱいものが甦ってきますね(笑)。その作品に、自分が関わることができて幸せです」と、喜びを噛みしめた。

「ベテランと若手が入り混じっていますが、和気あいあいとして楽しく収録しています。新しい“快斗”を作っていきたい」と目標を口にした山口。「キザなセリフは、最初は恥ずかしかったんでですよ(笑)。もともと、やんちゃな男の子を演じることが多かったので、新一役が決まった時も、キザでクールな演技は自分にない引き出しだな、と思ったものです。キッドは、さらに振り切ってますからね(笑)。でも、現在は楽しんでやれています。今回楽しみなのは、30分ある中で、快斗として演じながら、どことどこでキッドとしての声を出すか考えながらやること。大変なのは、キッドと新一が戦うところがあったら(一人二役なので)大変だということと、英語が堪能な設定なので台本読んだら(英語のセリフが)結構たくさんあったということ(笑)。でも、これも楽しい苦労ですね」と、快斗=キッドの役作りや苦労について明かしていた。

チーフプロデューサーの諏訪道彦は「夢がまたひとつカタチになる。今年、名探偵コナンの連載20周年を迎えた青山剛昌先生ですが、コナンより7年も先に生み出していたキャラクターが、怪盗キッド。コナンの世界でも派手に飛び回るキッドが土曜夕方に華麗に参戦、コナンと一緒に2階建て1時間アニメ枠としてみなさまの前に登場します。主人公黒羽快斗が謎の事故で亡くなってしまった父・盗一の意思を継いで怪盗キッドとして大活躍する『まじっく快斗1412』。20周年をお祝いして、青山先生がそしてコナンファン・キッドファンが夢を抱いて待ちに待った大人気シリーズが満を持しての幕開けです。ちなみに1412というのは、怪盗キッドの国際犯罪者番号のシークレットナンバーですが、1412と走り書きするとKIDと見えるのも事実なんですよ」と、今回のレギュラーアニメ化実現への思いと、本作のタイトルに込められた意味について語った。

また、原作者の青山剛昌は「どーも青山です!“快斗のアニメ? この前やんなかったっけ?”っていうのが正直な感想でしたが、まだアニメ化されていない原作の話をいっぱいやってくれるそうなのでとても楽しみです。やっぱ、いちばん苦労した怪盗淑女(ファントム・レディ)に期待かな(笑)」とコメントを寄せた。

今回の放送決定により、土曜夕方5時30分からは『まじっく快斗1412』、夕方6時からは「名探偵コナン」と青山剛昌の作品が連続して放送される事になり、「名探偵コナン」連載20周年のメモリアルイヤーに相応しい豪華タッグが実現。『まじっく快斗1412』では、原作のエピソードだけでなく、アニメオリジナル作品も制作される予定。また、「名探偵コナン」でこれまでに放送されたキッドの登場シーンを、『まじっく快斗1412』ではキッド目線で描くという2作品の夢のコラボ企画も計画されているとのことで、両作品のファンにとっては見逃せない時間帯になりそうだ。

関連リンク

山口勝平「怪盗キッドはハードルが高い役」新アニメ『まじっく快斗1412』スタート、「名探偵コナン」とコラボ企画も

《編集部@テレビドガッチ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top