声優版「JUNON」10月に発売! イケメン&アイドル声優たちの素顔に迫る

最新ニュース

武道館ライヴも成功させた人気声優・宮野真守
  • 武道館ライヴも成功させた人気声優・宮野真守
  • 花澤香菜&新海誠監督/『言の葉の庭』初日舞台挨拶
  • 梶裕貴(声優)/フジテレビ開局55周年プロジェクト「信長協奏曲」
  • 水樹奈々(声優)/フジテレビ開局55周年プロジェクト「信長協奏曲」
  • 神谷浩史(声優)/『LUCY』ナレーション
  • ハンス役の津田英佑/『アナと雪の女王』MovieNEX発売イベント
  • 潘めぐみ(ゴン役)&伊瀬茉莉也(キルア役)&浪川大輔(ヒソカ役)&寺崎裕香(ズシ役)/『劇場版 HUNTER×HUNTER The LAST MISSION』初日舞台挨拶
  • “セクシーすぎる声優”たかはし智秋/「ゴシップガール<ファイナル・シーズン>」発売記念フェアウェル・パーティー
近年、アニメや洋画の吹替えだけに留まらず、アニメイベントへの主演や舞台、ラジオでの活動、さらにはアーティストとしてCDデビューや自身の写真集を出すなど、その活躍の幅を広げている“声優”たち。

「表舞台には出てこない」という従来のイメージとは異なり、最近ではその顔・姿が見えるようになり中には“可愛い”“イケメン”と叫ばれるアイドル的な要素をもった声優も増えてきた。そんな彼らにフィーチャーした雑誌、 別冊JUNON「声優JUNON」が発売されることがこのほど明らかになった。

「JUNON」は、いまをときめく若手イケメン俳優や女優たちを取り上げ、インタビューやオリジナルの写真で彼らの姿を追っていくアイドル雑誌。同雑誌が主催する「ジュノンボーイコンテスト」では、山本裕典、中村蒼、溝端淳平、菅田将暉など、ドラマ・映画・舞台・モデルと現在、大活躍中の俳優たちを多く輩出し、“イケメン”の代名詞のひとつとなっている。

1982年8月創刊以来、美しき男の子たちを起用し、多くの女性たちのハートを射止めてきた「JUNON」が、次に世に送り出す“イケメン”たちが、声優である。

実は、これでも多くの男性声優たちが「JUNON」デビューを果たしており、実写化が待たれる「進撃の巨人」主人公・エレンを演じる梶裕貴や、国内外から注目されファンが多い水泳アニメ「Free!」で七瀬遙役を演じた島崎信長、「コードギアス 反逆のルルーシュ」では主演を演じた福山潤、『ハリー・ポッター』シリーズの主人公・ハリー役の吹替を担当した小野賢章らがインタビューやグラビアを飾っている。

「デスノート」の夜神月役や『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』でパーシー・ジャクソンの吹替を担当し、歌手活動としては武道館や横浜アリーナでのライヴを成功させた宮野真守は、以前「美男子17人のときめく横顔」企画のひとりとして取り上げられたほど。

今回の「声優JUNON 別冊JUNON」(10月28日発売予定)では、いままでの数ページの企画とは違い、いま大人気の男性声優や女性声優たちを集め「JUNONでしか見られない」表情をたっぷり詰め込んだ一冊のムック本となるとのこと。すでにECサイトでは予約が始まっており、1,512円(税込)で発売と予定だ。

果たして、表紙は誰が飾るのか? グラビアやインタビューには誰が登場するのか? 出演声優はまだ未発表なものの、今後のエンターテイメント業界で活躍していくであろう声優たちが顔を揃えることが期待される。

■「声優JUNON 別冊JUNON」
出版社名:主婦と生活社
発売予定日:10月28日(火)
予定価格:1,512円(税込)
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top