【シネマVOYAGE】旅のハプニングで縮まる2人の距離…『バツイチは恋のはじまり』

最新ニュース

『バツイチは恋のはじまり』 -(C) 2012 SPLENDIDO QUAD CINEMA / TF1 FILMS PRODUCTION / SCOPE PICTURES / LES PRODUCTIONS DU CH'TIMI / CHAOCRP DISTRIBUTION / YEARDAWN
  • 『バツイチは恋のはじまり』 -(C) 2012 SPLENDIDO QUAD CINEMA / TF1 FILMS PRODUCTION / SCOPE PICTURES / LES PRODUCTIONS DU CH'TIMI / CHAOCRP DISTRIBUTION / YEARDAWN
  • 『バツイチは恋のはじまり』-(C) 2012 SPLENDIDO QUAD CINEMA / TF1 FILMS PRODUCTION / SCOPE PICTURES / LES PRODUCTIONS DU CH'TIMI / CHAOCRP DISTRIBUTION / YEARDAWN
  • 『バツイチは恋のはじまり』 -(C) 2012 SPLENDIDO QUAD CINEMA / TF1 FILMS PRODUCTION / SCOPE PICTURES / LES PRODUCTIONS DU CH'TIMI / CHAOCRP DISTRIBUTION / YEARDAWN
  • 『バツイチは恋のはじまり』-(C) 2012 SPLENDIDO QUAD CINEMA / TF1 FILMS PRODUCTION / SCOPE PICTURES / LES PRODUCTIONS DU CH'TIMI / CHAOCRP DISTRIBUTION / YEARDAWN
  • 『バツイチは恋のはじまり』-(C) 2012 SPLENDIDO QUAD CINEMA / TF1 FILMS PRODUCTION / SCOPE PICTURES / LES PRODUCTIONS DU CH'TIMI / CHAOCRP DISTRIBUTION / YEARDAWN
  • 『バツイチは恋のはじまり』-(C) 2012 SPLENDIDO QUAD CINEMA / TF1 FILMS PRODUCTION / SCOPE PICTURES / LES PRODUCTIONS DU CH'TIMI / CHAOCRP DISTRIBUTION / YEARDAWN
  • 『バツイチは恋のはじまり』-(C) 2012 SPLENDIDO QUAD CINEMA / TF1 FILMS PRODUCTION / SCOPE PICTURES / LES PRODUCTIONS DU CH'TIMI / CHAOCRP DISTRIBUTION / YEARDAWN
  • 『バツイチは恋のはじまり』-(C) 2012 SPLENDIDO QUAD CINEMA / TF1 FILMS PRODUCTION / SCOPE PICTURES / LES PRODUCTIONS DU CH'TIMI / CHAOCRP DISTRIBUTION / YEARDAWN
ツアーに申し込んだり自分で計画を立てたり、どの国に行ってどんな場所を訪れるのか、旅に計画はつきもの。でも、しっかりきっちり計画を立てるのではなく、ふらっと旅に出たり、あるいは衝動的に旅をするのもいいなぁと。

そんな旅をしてみたいと思わせてくれたのは、映画『バツイチは恋のはじまり』。パリ、コペンハーゲン、ナイロビ、モスクワ──しあわせな結婚を求めた結果、なぜか世界半周をすることになるイザベル(ダイアン・クルーガー)の恋する旅物語です。

“1度目の結婚は必ず失敗する”という代々伝わる呪いのようなジンクスを信じているイザベルは、10年つきあった彼と結婚して離婚しないためにバツイチになることを思いつきます。けれど、その計画はあっけなくダメに…。そんなとき偶然出会ったのが、パリからコペンハーゲンへ向かう飛行機で隣り合わせた、お喋りでお調子者な旅行雑誌の編集者ジャン=イヴ(ダニー・ブーン)。彼を口説いて、結婚して、即離婚しようと当初の計画を変更したために、世界半周旅行に同行することになる…なさそうだけどありそうな展開をコメディ感たっぷりに描いていきます。

2人の旅のスタート地点は、アフリカのケニア共和国の首都ナイロビ。ジャン=イヴを追いかけてきたイザベルは、彼の取材先のホテルで偶然を装って再会を果たします。そのホテルは「ナイロビ セレナ ホテル」。ジャン=イヴが取材中に「5つ星で、異国情緒あふれる静かなホテル」とメモしたように、たしかに素敵なホテル! のはずが、イザベルはホテルにうっとりすることもなく、彼を口説き落として結婚にこぎ着けようと必死。けれど、そう簡単に事は運ばず、次の取材先キリマンジャロへ!

イザベルにとっては、まったく予想していなかったアフリカの旅ですが、見わたす限り広大な大地に圧倒され、そこに生きる野生動物も大接近! 作られたテーマパークではない大自然のなかで過ごすことによってハプニングも生まれ、自然と会話も増えていきます。相手をより知りたいなら都会よりも大自然のなかを旅した方が効果的なのかもしれないですね。そのシーンの撮影地となったケニアには観光としてサファリパークツアーもあるようです。また、実際にケニアの大自然のなかで撮影をしているのはもちろん、映画のなかに登場するマサイ族も彼らの結婚式の儀式も本物というのは驚き!

マサイ式で“偽装”結婚することができたイザベルは、適当な理由でジャン=イヴとさよならしてパリに戻りますが、旅は終わらず…。なんと、離婚手続きに1年かかってしまうことが判明し、彼女はあわててモスクワへ旅立ちます。事情を何も知らないジャン=イヴはイザベルを快く受け入れ、「ようこそ、モスクワへ」と、彼女を最初に案内するのは聖ワシリー寺院のある広場。カラフルな寺院は絵に描いたように美しい! その広場を後にした2人が途中で立ち寄るホットドッグスタンドは「Stardog!s」というチェーン展開のホットドッグスタンドなので、街歩きをして2人の真似をしてみるのもいい思い出になりそうです。

その後、本音で語り合った2人が訪れるのはモスクワ郊外のスターシティにあるガガーリン宇宙センター。旅の予算に余裕があるなら、この映画にも登場する無重力体験ツアーに参加してみるのもいいかもしれません。そして、ラストシーンで登場するのは救世主キリスト大聖堂と大聖堂に続くパトリアールシィ橋。粉雪舞う夜にライトアップされた景色がなんともロマンティック! 

彼に嫌われるようなことをして離婚するつもりが、一緒に旅をしたからなのか、それとも運命の相手なのか、徐々にジャン=イヴに惹かれはじめているイザベル。旅をすると本当の自分が見えてくるのかも──というわけで、パリ、コペンハーゲン、ナイロビ、モスクワ、『バツイチは恋のはじまり』のどのロケ地を旅しますか?
《text:Rie Shintani》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top