【特報映像】三浦春馬、中国の人気女優と恋愛ミステリーに挑戦! 『真夜中の五分前』

韓流・華流

三浦春馬・主演/『真夜中の五分前』 - (C)2014“Five Minutes to Tomorrow” Film Partners
  • 三浦春馬・主演/『真夜中の五分前』 - (C)2014“Five Minutes to Tomorrow” Film Partners
  • 『真夜中の五分前』 - (C)2014“Five Minutes to Tomorrow” Film Partners
ファン待望の実写映画『進撃の巨人』でも主演を務める三浦春馬が、『世界の中心で、愛をさけぶ』『円卓 ~こっこ、ひと夏のイマジン~』などの行定勲監督のもと、アジアの豪華キャストと共にベストセラー恋愛ミステリーの映画化に挑む『真夜中の五分前』(12月27日公開)。このほど、三浦さんが流暢な中国語を披露する特報映像と、怪しくも切ないポスタービジュアルが解禁となった。

時計修理工のリョウ(三浦春馬)は、ひょんなことからルーメイ(リウ・シーシー)という美しい女性と出会う。彼女には女優をしているルオラン(リウ・シーシー/2役)という一卵性双生児の妹がいた。ルオランには、人気俳優ティエルン(チャン・シャオチュアン)という婚約者がいる。

ルーメイは妹の婚約祝いに、彼女を驚かせる贈り物をしたいと、知り合ったばかりのリョウにプレゼント選びを手伝ってもらうことに。リョウは美しいルーメイとの出会いに胸を躍らせるが、親しくなるにつれ、リョウはルーメイが抱える心の闇に気づいていく――。

数々のヒット作を送り出してきた行定監督の最新作となる本作は、切なくも美しい愛のミステリー。原作は、先日も岡田将生×染谷将太×成海璃子で「ストレイヤーズ・クロニクル」の実写化が発表されたばかりの、鬼才作家・本多孝好のベストセラー恋愛小説「真夜中の五分前 five minutes to tomorrow side-A/side-B」(新潮文庫刊)。

映画では舞台を上海へ移し、日本からは人気・実力ともに申し分ない三浦さん、“中国四大女優”のチャン・ツィイーやヴィッキー・チャオらを抑えるほど、今、中華圏でもっとも人気と勢いがある女優のリウ・シーシーが共演。また、双子を愛するもう1人の男を、台湾を代表する俳優、チャン・シャオチュアンが演じ、3か国のライジング・スターの豪華共演が実現している。

到着した映像からは、三浦さん演じる孤独な時計修理工・リョウと、双子の姉妹の姉・ルオランが出会い、お互いに引かれあっていく様子が描かれている。一方、妹・ルーメイは人気女優として活躍し、恋人はティエルンとセレブライフを送って様子なのだが…。


見た目は似ているのに生き方がまったく違う双子と、彼女たちを愛した2人の男。この4人の関係を、アジアならではの湿度を感じさせつつ、ミステリアスかつ妖艶な映像美で見せていく。

完成したポスタービジュアルも、4人の意味深な表情と共に、タイトルの“五分前”という時間が彼らにどのように関わってくるのかを示唆する、時計の盤面が記されている。

それぞれアジアを代表する実力派ばかりがそろった本作。10月2日~11日まで開催される第19回釜山国際映画祭の正式招待作品も決定しており、ますます話題を呼びそうだ。

『真夜中の五分前』は12月27日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top